<h2>「スキルアップ!勉強会 東京」のご紹介</h2>
何気ない日常で、あなたはこんなことを感じたことはありませんか?
<ul>
<li>毎日が同じことの繰り返しに感じる…。職場以外の人と話をして、もっと今を充実させたい</li>
<li>自分の言いたいことがいまいち伝わらない…。うまくコミュニケーションできるようになりたい</li>
<li>職場だけでなく、刺激を受けられる友達がほしい</li>
</ul>
そんな思いにお応えできるよう、「スキルアップ!勉強会 東京」では、

<strong>さまざま職種の方に参加してもらって交流を深めていただきつつ</strong>、<strong>心理学やビジネス書を通してコミュニケーションのスキルを高められる場を提供しています</strong>。

★オンラインでのご受講もできます★

&nbsp;
<h2>勉強会の内容</h2>
<h3>アドラー心理学に学ぶ、対人関係の悩みを解消するスキル</h3>
『嫌われる勇気』の大ヒットにより、多くの人に知られるようになったのが「<strong>アドラー心理学</strong>」です。

<a title="嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え" href="https://www.amazon.co.jp/%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%8B%87%E6%B0%97%E2%80%95%E2%80%95%E2%80%95%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%95%93%E7%99%BA%E3%81%AE%E6%BA%90%E6%B5%81%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88-%E5%B2%B8%E8%A6%8B-%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4478025819?SubscriptionId=AKIAJDMGMSZQCABPFINQ&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkCode=xm2&amp;camp=2025&amp;creative=165953&amp;creativeASIN=4478025819" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51sPGsTuF0L._SL250_.jpg" alt="嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え" /></a>

しかし
<ul>
<li>アドラー心理学にはどんなことが教えられているのか</li>
<li>日常でどう役に立つのか</li>
</ul>
を正確には知らない方も多いのではないでしょうか?

アドラー心理学では
<blockquote><strong>人間の悩みはすべて対人関係の悩みである</strong></blockquote>
と教えられ、どうすればその対人関係の悩みを解消し、幸せに生きられるかが教えられています。

勉強会では、その悩みの解消法を、初めて学ばれる方にもわかりやすくお話しします。

ワークショップの内容を一部ご紹介しています

<iframe style="border: 1px solid #CCC; border-width: 1px; margin-bottom: 5px; max-width: 100%;" src="//www.slideshare.net/slideshow/embed_code/key/BmmcFEIq4Z7Ygl" width="595" height="485" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" allowfullscreen="allowfullscreen"> </iframe>
<h4>開催日時</h4>
・7/11(<span style="color: #ff0000;">土</span>)18:00~19:30 Zoom配信
<strong> </strong>テーマ:ライフスタイル(=性格)を変える方法

・7/19(<span style="color: #ff0000;">日</span>)14:00~15:30
<strong> </strong>テーマ:人間関係の悩みを解消する3ステップ

・7/25(<span style="color: #ff0000;">土</span>)14:00~15:30 Zoom配信
<strong> </strong>テーマ:悪循環を引き起こす“認知のゆがみ”の改善法

※ZoomのURLは、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

勉強会の参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>行動心理学から学ぶ「与える人(ギバー)が本当に成功するためのスキル」</h3>
『<strong>GIVE &amp; TAKE</strong>』という本をご存知でしょうか?

<a title="GIVE &amp; TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)" href="https://www.amazon.co.jp/GIVE-TAKE-%E3%80%8C%E4%B8%8E%E3%81%88%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%80%8D%E3%81%93%E3%81%9D%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%99%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3-%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88/dp/4837957463?SubscriptionId=AKIAJDMGMSZQCABPFINQ&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkCode=xm2&amp;camp=2025&amp;creative=165953&amp;creativeASIN=4837957463" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img class="alignnone" style="border: 1px solid #ccc;" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51zlMpFCCSL._SL250_.jpg" alt="GIVE &amp; TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)" width="170" height="250" /></a>

『GIVE&TAKE』は、組織心理学者のアダム・グラント氏(ペンシルベニア大学ウォートン校の心理学教授)によって書かれた、世界中の人々の 「働く意義」を変えた といわれるベストセラーです。

&nbsp;

この本の中でグラント教授は、人はどのように「ギブ・アンド・テイク」をしているかという観点から、人間を3つのタイプに分類されています。

そのタイプとは、
<ul>
<li>ギバー(Giver)</li>
<li>テイカー(Taker)</li>
<li>マッチャー(Matcher)</li>
</ul>
の3つです。

&nbsp;

ギバーは、<strong>受けとる以上に、見返りを求めること多くを与えようとする人</strong>、

テイカーは、<strong>相手よりも自分の利益を優先し、与えるより多くを受けとろうとする人</strong>、

マッチャーは<strong>損得のバランスと取ろうとする人</strong>のことです。

一人の人間であっても、ギバーとしての面もあれば、マッチャーとしてふるまうこと、テイカーのように自分の利益のみを考えてしまうこともあるでしょう。

&nbsp;

ではどのタイプとして行動すれば、対人関係も良好となり、仕事もうまくいき、精神的にも健康に生きられるのでしょうか。

それが3万人以上を対象としたグラント教授の調査によって明らかにされています。

&nbsp;

グラント教授は「ギバー」になることを勧めてられていますが、それは単純に「ひたすら他人に与えればよい」ということではありません。

<strong>ギバーには他のタイプが持ち得ない素晴らしい才能がある反面、燃え尽きにつながる落とし穴、いい人であるがゆえに悩ませる罠がある</strong>のです。

&nbsp;

ワークショップでは、
<ul>
<li>そもそもなぜギバーになることが勧められているのか</li>
<li>ギバーの飛び抜けた素晴らしい才能とは</li>
<li>与える人を悩ませる罠の回避方法、行動戦略</li>
</ul>
をご紹介します。

これからのより良い人間関係の構築に、きっと役立てる内容です。

講座の内容を一部、ご紹介しています

<iframe style="border: 1px solid #CCC; border-width: 1px; margin-bottom: 5px; max-width: 100%;" src="//www.slideshare.net/slideshow/embed_code/key/3pQ0r5CU01mApM" width="595" height="485" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" allowfullscreen="allowfullscreen" data-mce-fragment="1"> </iframe>
<h4>開催日時</h4>
・7/11(<span style="color: #ff0000;">土</span>)14:00~15:30 Zoom配信

・7/18(<span style="color: #ff0000;">土</span>)14:00~15:30 Zoom配信

※ZoomのURLは、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>EQ入門-対人関係で役立つ“感情の管理・利用法”</h3>
「EQ」とは「Emotional Intelligence Quotient」の略で、「<strong>感情知性</strong>」や「<strong>こころの知能指数</strong>」といわれています。

心理学者のダニエル・ゴールマン氏の『EQ-こころの知能指数』が各国でベストセラーになり、その概念、重要性が広く知られるようになりました。

<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4062562928/ref=as_li_tl?ie=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=4062562928&amp;linkCode=as2&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkId=fbb04e416df0388fac81f7e6624f1170" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=4062562928&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=ym624072038-22" alt="" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=ym624072038-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=4062562928" alt="" width="1" height="1" />

&nbsp;

EQとは、「<strong>感情を上手に管理し、利用できる能力</strong>」のことです。

EQの高い人は、自分の気持ちをしっかりと認識し、感情をコントロールすることができるため、仕事や思考に集中することができます。

また他人の気持ちを推察して共感できるため、他者と良好な関係を築けて、周りを鼓舞することも可能です。

ゆえに、<strong>EQの高い人はビジネスでの成功もしやすく、家族や友人との関係もうまくいきやすいのですね</strong>。

そのEQは、誰もが持っている能力であり、意識的に開発し、伸ばすこともできるのです。

&nbsp;

ワークショップでは、
<ul>
<li>EQとは何か?EQを構成する5つの領域</li>
<li>EQの基礎能力を鍛える具体的な方法</li>
</ul>
についてお話ししていきます。

&nbsp;

それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。

ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。

<strong>人間の心を奥底まで知られたお釈迦様も、感情のメカニズムや感情との適切な向き合い方を数多く教えられています</strong>。

ワークショップでは、仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点での「EQ」をお話しします。
<h4>開催日時</h4>
・7/16(木)19:30~21:00 Zoom配信

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>心理学に学ぶ、生きづらさを解消する“自己評価メソッド”</h3>
「どこかしっくりこない。満たされている気がしない」
「常に不安や恐れを感じている」

という感覚を抱かれることはないでしょうか。

そのような不安な感覚、生きづらさは、<<strong>自己評価の低さ</strong>>からきているかもしれません。

自己評価とは、「自分についてどう思うか」ということです。

自分を大切な存在だと思い、認めているでしょうか。
それとも自分に自信が持てないでいるでしょうか。

自己評価の高い人も、人生の困難に直面すると、自己評価は大きくゆらいでしまいます。

<strong>自己評価が不安定だったり、低いままだったりすると、不安や落ち込みにつながり、生きづらさが生まれてしまうのです</strong>。

&nbsp;

自己評価の低さは生まれつきのもので、後から高めることができないとも思われるかもしれません。

<strong>しかし自己評価は、生まれや環境に大きな影響を受けているものの、後からよい形に高めていくこともでき、より生きやすい生活を送ることもできるのです</strong>。

&nbsp;

今回は、フランスで人気の精神科医 クリストフ・アンドレ氏の『自己評価メソッド』を通して、

<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4314010509/ref=as_li_tl?ie=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=4314010509&amp;linkCode=as2&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkId=2c2f359b525d015002e7a7036d9bc274" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=4314010509&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=ym624072038-22" border="0" /></a><img style="border: none !important; margin: 0px !important;" src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=ym624072038-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=4314010509" alt="" width="1" height="1" border="0" />
<ul>
<li>自己評価とはそもそも何か?生きづらさとの関係</li>
<li>自己評価をよいものにする実践法</li>
</ul>
をご紹介していきます。
<h4>開催日時</h4>
・7/18(<span style="color: #ff0000;">土</span>)18:00~19:30 Zoom配信

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3><span id="toc7">感情力入門-対人関係で役立つ、感情のコントロール法</span></h3>
『<strong>感情力 – 自分をコントロールできる人できない人</strong>』という本を聞かれたことはあるでしょうか?

<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/431400990X/ref=as_li_tl?ie=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=431400990X&amp;linkCode=as2&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkId=dac8c513db046060ef2ddd777c289acf" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=431400990X&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=ym624072038-22" alt="" /></a><img style="border: 1px solid #ccc;" src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=ym624072038-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=431400990X" alt="" width="1" height="1" />

この本は、フランスで人気の2人の精神科医によって書かれた、感情の教科書ともいうべき本です。

基本的な感情のメカニズムと、それらの感情との上手な付き合い方がわかりやすく紹介されています。

&nbsp;

そもそも「感情」について、どのような印象を受けられるでしょうか?

感情は人生を豊かにする良いものなのか、心を乱させて対人関係のトラブルを引き起こす厄介なものなのか。

感情には、それら良い面と悪い面の両方があり、私たちの日常は感情によって左右されているといっても言い過ぎではありません。

その<strong>感情のデメリットを克服し、うまくコントロールし、自分や他人と上手につき合ったり、精神的に豊かな生活を送ったりする力を“感情力”</strong>といわれています。

&nbsp;

ワークショップでは、
<ul>
<li>その感情力を高めることで得られるさまざま利点</li>
<li>感情力を高めるために必要な<感情のメカニズム、感情のもたらす影響></li>
</ul>
をご紹介していきます。

&nbsp;

それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。
ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。

<strong>人間の心を奥底まで知られたお釈迦様も、感情のメカニズムや感情との適切な向き合い方を数多く教えられています</strong>。

ワークショップでは、仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点での「感情力」をお話しします。
<h4>開催日時</h4>
・7/22(水)19:30~21:00 文京シビックセンター(後楽園駅/春日駅・直通)※Zoomでも配信をします

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

勉強会の参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>心理学から学ぶ、安定した自信を持てるようになるトレーニング法</h3>
『自信をもてない人のための心理学』という本をご存知でしょうか?

<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/431401122X/ref=as_li_tl?ie=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=431401122X&amp;linkCode=as2&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkId=7f6ea2beb72e93de5853d1707e55809e" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=431401122X&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=ym624072038-22" alt="" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=ym624072038-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=431401122X" alt="" width="1" height="1" />

この本は、フランスの精神科医 フレデリック ファンジェ氏によって書かれ、フランではロングセラーとなっています。

&nbsp;

この本のテーマが「自信」です。

&nbsp;

あなたは普段、どれくらい自信を持って過ごしているでしょうか?

メディアやSNSの発達によって、他人との評価にさらされ、「自分は他人より劣っている」と思ってしまい、安定した自信を持てていない人が増えていると感じます。

&nbsp;

自信が持てないと、積極的に行動をしたり、自己主張したりすることを避けてしまいがちになります。

そうなると、「自分は何もできず、言うこともできない」と自己評価を下げてしまい、ますます行動をする気がなくなり、それもまた自己評価の低下になるがる…、と悪循環に陥ってしまいます。

自信を失えば、それだけ不安や恐れなどのネガティブな感情が生まれ、心理的な生涯も引き起こしかねないのです。

&nbsp;

しかし<strong>何かきっかけをつかみ、積極的に行動したり、自己主張したりすると、自己評価も上がり、行動・自己主張する気持ちも高まり、自信を持てるようになります</strong>。

自分の価値を実感し、ほかの人とも今よりうまく付き合えるようになり、幸せな気持ちになれるのです、

&nbsp;

ワークショップでは、
<ul>
<li><strong>そもそも<自信>とは何か、自信を構成する3つの要素</strong></li>
<li><strong>すぐに実践可能な、自信を高めるトレーニング法</strong></li>
</ul>
をご紹介していきます。
<h4>開催日時</h4>
・7/23(<span style="color: #ff0000;">木</span>)18:00~19:30 Zoom配信

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>『自信を育てる心理学』から学ぶ 、適切な自己評価の高め方</h3>
『自信を育てる心理学』という本をご存知でしょうか?

<a title="自信を育てる心理学 「自己評価」入門" href="https://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E4%BF%A1%E3%82%92%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%8B%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6-%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%8D%E5%85%A5%E9%96%80-%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3/dp/4393366409?SubscriptionId=AKIAJDMGMSZQCABPFINQ&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkCode=xm2&amp;camp=2025&amp;creative=165953&amp;creativeASIN=4393366409" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img style="border: 1px solid #ccc;" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41V0WhJu5TL._SL250_.jpg" alt="自信を育てる心理学 「自己評価」入門" /></a>

この本は、アメリカの臨床心理学者 ナサニエル・ブランデン氏によって書かれた、自己評価(セルフ エスティーム)の入門書です。

&nbsp;

自己評価とは「<strong>自分に自信を持ち、自分の価値を認める気持ち</strong>」をいいます。

&nbsp;

自己評価が欠けていると、

「自分は何をやってもダメだ」
「自分には価値がない。こんな自分は愛されるはずがない」

と、自分に対してとても否定的な見方をしてしまいます。

自己評価の欠如は、不安や抑うつ、恐れなどの心理的な障害にもつながってしまいかねません。

&nbsp;

反対に、<strong>積極的に自己評価ができれば、その自己評価の高さが豊かな人間関係の形成にもつながり、幸福で満ち足りた人生を送ることもできるのです</strong>。

ブランデン氏は、高い自己評価は
<ul>
<li>ストレスに強くなり、逆境からの立ち直りも早くなる</li>
<li>仕事でも創造的になれる</li>
<li>他人を脅威に感じなくなり、優しく接することができる</li>
<li>破壊的な人間関係を招かない</li>
</ul>
など、さまざまな効果をもたらすと言われ、「<strong>自己評価は幸せな人生の鍵</strong>」とも語られています。

&nbsp;

ワークショップでは、
<ul>
<li>自己評価の重要性</li>
<li>実は誤っている自己評価の高め方</li>
<li>自己評価を育てるエクササイズ</li>
</ul>
をご紹介していきます。
<h4>開催日時</h4>
・7/24(<span style="color: #ff0000;">金</span>)14:00~15:30 Zoom配信

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3><span id="toc7">NVC入門-対立を解消し、お互いを思いやるコミュニケーション法</span></h3>
「<strong>NVC</strong>」という言葉を聞かれたことはあるでしょうか?

NVCは「NonViolent Communication」の略で、「<strong>非暴力コミュニケーション</strong>」のことをいいます。

お互いを思いやり、対立を解消するコミュニケーション法として、マイクロソフトCEOのサティア・ナデラ氏も幹部社員たちに勧めるなど、ビジネスの現場でも注目を集めているのです。

&nbsp;

NVCでは、人間には生まれながらにして相手を思いやる気持ちがあると考えられています。

しかし<strong>現状は、人を思いやるどころか、他者に対して暴力的になったり、搾取したりすることを多いでしょう</strong>。

相手の暴力的な言葉や態度で傷つき、生きづらさを抱えている方も多いのではないでしょうか。

&nbsp;

何がどう影響して思いやりが失われていくのでしょうか?

それは、<strong>言葉の使い方</strong>にありました。

NVCの提唱者であるマーシャル・ローゼンバーグ博士は、私達の“言葉の使い方”が重要であると気づき、人を思いやる気持ちを引き出す言葉の使い方・コミュニケーション法を開発されたのです。

それがNVCですね。

<strong>NVCを用いることで、お互いを大切にする気持ちを生み出し、相手との対立を解消し、良好な関係を築けるようになります</strong>。

&nbsp;

ワークショップではベストセラー書『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法』の内容ともとに、

<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4532321956/ref=as_li_tl?ie=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=4532321956&amp;linkCode=as2&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkId=398fb59094456d10380ab0aa893f7077" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img style="border: 1px solid #ccc;" src="https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=4532321956&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=ym624072038-22" alt="" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=ym624072038-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=4532321956" alt="" width="1" height="1" />
<ul>
<li>NVCとは何か?NVCを構成する4つの要素</li>
<li>NVCによる、具体的なコミュニケーション</li>
</ul>
についてお話ししていきます。
<h4>開催日時</h4>
・7/25(<span style="color: #ff0000;">土</span>)18:00~19:30 Zoom配信

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;

<h2>勉強会の詳細・お問い合わせ & 参加お申し込み</h2>
<h3>タイムテーブル</h3>
<ul>
<li>参加者同士で簡単に自己紹介(5分)</li>
<li>勉強会の概要紹介(5分)</li>
<li>プレゼンターからの話(30分×2 ※途中、休憩をはさみます)</li>
<li>グループ・ディスカッション(10分)</li>
</ul>
&nbsp;
<h3>参加費</h3>
1000円をお預かりしています。事前のご入金をよろしくお願いいたします(ご入金方法は、お申し込み後に送られるメールをご覧ください)。

&nbsp;
<h3>オンラインでの参加方法</h3>
ビデオ会議ツールを使用してのオンラインでのワークショップのご受講もできます。

ご希望いただいた方には専用のURLをお送りし、そちらにアクセスいただくことで、PC・スマホからご受講いただけます(発言が難しい方は、受信のみでのご参加も可能です)。

&nbsp;

<a name="schedule"></a>
<h3>お問い合わせ & 参加お申込み</h3>
<strong>参加をご希望の方は、以下のフォームに必要事項をご入力いただき、今すぐ送信ボタンを押してください。</strong>

お名前
メールアドレス
参加希望の行事

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

7/2(木)19:30~21:00 Zoom配信 |テーマ:アドラー心理学「対人関係が激変する“課題の分離”」7/5(日)14:00~15:30 Zoom配信 |テーマ:アドラー心理学「対人関係を良好にする“勇気づけの方法”」7/9(木)19:30~21:00 Zoom配信 |テーマ:心理学に学ぶ「ストレスを力に変え、レジリエンス(折れない心)を強める方法」7/11(土)14:00~15:30 Zoom配信 |テーマ:行動心理学から学ぶ「与える人(ギバー)が本当に成功するためのスキル」7/11(土)18:00~19:30 Zoom配信 |テーマ:アドラー心理学「ライフスタイル(=性格)を変える方法」7/16(木)19:30~21:00 Zoom配信 |テーマ:EQ入門-対人関係で役立つ“感情の管理・利用法” (自分を動機づける編)7/18(土)14:00~15:30 Zoom配信 |テーマ:行動心理学から学ぶ「与える人(ギバー)が本当に成功するためのスキル」7/18(土)18:00~19:30 Zoom配信 |テーマ:心理学に学ぶ、生きづらさを解消する“自己評価メソッド”7/19(日)14:00~15:30 Zoom配信 |テーマ:アドラー心理学「人間関係の悩みを解消する3ステップ」7/22(水)19:30~21:00 文京シビックセンター(後楽園駅/春日駅・直通) |テーマ:感情力入門-対人関係で役立つ、感情のコントロール法7/23(木・祝)18:00~19:30 Zoom配信 |テーマ:心理学から学ぶ、安定した自信を持てるようになるトレーニング法7/24(金・祝)14:00~15:30 Zoom配信 |テーマ:『自信を育てる心理学』から学ぶ 、適切な自己評価の高め方7/25(土)14:00~15:30 Zoom配信 |テーマ:アドラー心理学「悪循環を引き起こす“認知のゆがみ”の改善法」7/25(土)18:00~19:30 Zoom配信 |テーマ:NVC入門-対立を解消し、お互いを思いやるコミュニケーション法

ご参加方法 オンラインで参加直接参加
行事に関してご質問があれば、ご自由にお書きください。

 

 

 

     

 

主催紹介

<img class="alignleft size-full wp-image-1559" src="http://tokyo-workshop.info/wp-content/uploads/2013/11/minami.jpg" alt="" width="75" />

勉強会主催 / 当ウェブサイト管理者
南 雄一郎

1987年生まれ、石川県出身。

地元の金沢大学(機械工学専攻)を卒業後、富山で就職。
2012年に東京転勤。
エンジニア、ライターの仕事をしています。

心理学を中心としたコミュニケーションのスキルを通して、悩みの解決のお手伝いをさせていただきたいと思い、勉強会を開催するようになりました。

勉強会は初めて、という方もすぐに馴染めるような雰囲気づくりに心がけています。

少しでも関心を持たれた方はぜひ一度、参加してみてください。

スキルアップ!勉強会 東京