選んだのを後悔するのはなぜ?選択にまつわる“間違った3つの常識”-『後悔しない超選択術』に学ぶ、合理的な選択をして幸せに生きる方法1

メンタリストで有名なDaiGoさんの『後悔しない超選択術』を通して、合理的な選択をして幸せに生きる方法をご紹介していきます。

後悔しない超選択術

スポンサーリンク

正しい選択は存在しない?“後悔しない”選択の基準とは

「人生は選択の連続」とよくいわれますね。実際に”人は1日に約70回、人生を左右する選択をしている”といわれています。

どの選択をするかで、それが今後の人生に大きな影響を与えることもあるでしょう。

こう知ると、「正しい選択をしなくてはならない」と思うかもしもしれません。

しかし脳科学や心理学の研究・実験によると、

すべての人に当てはまる「正しい選択」は存在しない

という見解が示されているそうです。

むしろ「正しい選択をしなくてはならない」と思うほど、それによって判断力が鈍り、適切な選択が難しくなるのです。

では、どのような選択の基準を設ければ、どういう選択をすれば、人生を良い方向へ進ませることができるのでしょうか。

それは、「後悔しない選択」をすること、とDaiGoさんはいわれています。

これまでの人生を振り返れば、「あれをやっておけばよかった(やらなければよかった)」と、後悔した選択は数え切れないほどあるかもしれません。

後から振り返ったときに「あれを選んでおいてよかった」と思える選択、後悔しない選択ができれば、人生は幸せなものになりますね。

では後悔しない選択をするにはどうすればいいのでしょうか。先がわからない以上、「これは後悔しない選択だ」と断言できるものはありませんね。

ゆえに、DaiGoさんは

正しい選択は存在せず、他の選択肢を選んだ場合どうなるかは誰にもわからない以上、私たちにできる方法はただ1つ。「選択時はあれがベストであり、悔いはない」と思える「後悔しない選択」をすることです。

といわれているのです。

自分のやりたいことを優先するか、他人の期待に応えるどうかを選択するとき
→「自分のやりたいことをやるのもを大事だが、他人の期待に応えることで得られるリターン、信用してもらうということも重要だ」

仕事を優先すべきか、プライベートなことを優先するかどうかを選ぶとき
→「仕事以外の時間も大事にすべきだが、仕事を通して得られるものも大きい。いまは仕事に専念すべきだ」

などのように、現状と未来とを踏まえた冷静な判断のもとで選択できたとなれば、どんな選択をしようと後悔しなくなるのですね。

では私たちは状況を踏まえた上でのベストな選択、合理的な選択ができているでしょうか。

実は、合理的な「後悔しない選択」ができている人は極めて稀だ、といわれています。

それは、多くの人が選択に関する間違った3つの常識を持ち、それらに染まっているからなのです。

選択にまつわる“間違った3つの常識”

選択にまつわる間違った常識が、以下の3つです。

  1. 正しい選択がある
  2. 今ある成功は、自分の過去の選択でできている
  3. 選択肢は多ければ多いほど可能性も広がる

誤解① 正しい選択がある

先でもご紹介したように、私たちは「正しい選択をしないといけない」と思いがちですが、「これを選択すれば間違いなく幸福になれる」という正しい選択はないことが脳科学・心理学の研究によって明らかになっています。

就活、転職、人間関係で、「この選択は間違いない」と信じた選択も、うまくいなかった経験は多いのではないでしょうか。

未来は予測不可能であり、これを選べば絶対に得になるという選択肢を知り、それを選ぶことは不可能なのですね。

脳科学と心理学者の研究者たちは、「選択力を高めたいのであれば、正しい選択などないと考えること」とアドバイスをしているそうです。
それは、正しい選択をしなければならないという思い込みに縛られると、いつまでも選択できずに行動に移せず、機会損失となるからですね。

ゆえにDaiGoさんは、

未来に何が起きるか誰にもわからない以上、選択に正解はありません。あるのはベターな選択

といわれ、そのベターな選択を見抜く力を養うことが大切、といわれています。

誤解② 今ある成功は、自分の過去の選択でできている

私たちには「自己奉仕バイアス」という思考の型がある、といわれています。

それは「成功したのは自分の力、失敗したのは相手の責任」と考えてしまう傾向であり、失敗によって自分を傷つけないために備わっている本能の1つです。

この「自己奉仕バイアス」によって私たちは、「今の成功は、過去の自分の選択がよかったからだ」と思い込んでしまい、「前回もこれでうまくいったから、今回もうまくいくだろう」という短絡的な発想による選択を招くことになり得るのです。

「過去にうまくいったのは、冷静な現状分析があったからこそ。いまはあのときとは異なるので、改めて現状を確認し、変化を考慮した上で選択しなければならない」と、過去にとらわれずに合理的な選択を目指すことが、後悔しないために重要なのですね。

誤解③ 選択肢は多ければ多いほど可能性も広がる

「選択肢が多くなるほど、よい選択ができる」と思ってしまいがちですが、行動経済学の研究によって、選択肢が増え過ぎると人は不幸になるという“選択のパラドックス”が明らかになっています。

選択肢が増えると、それだけ悩む時間が増え、時間という資産が減ります。さらに「選ばなかった選択肢のほうがよかったのでは?」という後悔する回数が増えてしまいます。

そうなると「選択回避の法則」が働くようになるのです。

「選択回避の法則」とは、選択肢が多いほど、新たな決定や行動をためらい、結局 現状維持を選んでしまう傾向のことです。

選択肢が多いほど、選ぶべき選択肢を見逃し、せっかくのチャンスをつかみそこね、後悔につながってしまうのですね(実行したことの後悔よりも、実行しなかった後悔のほうが、年を追うごとに大きくなることも調査でわかっています)。

 

以上が、選択にまつわる誤った3つの常識でした。

この3つの常識にとらわれると、合理的な選択ができず、選択し行動に移すこと自体ができなくなってしまいます。

ゆえにDaiGoさんは、

  • 正しい選択がある
    →正しい選択はなく、後悔しない選択を目指す
  • 今ある成功は、自分の過去の選択でできている
    →過去のやり方は常に見直す
  • 選択肢は多ければ多いほど可能性も広がる
    →多すぎる選択肢は判断を鈍らせることがあると理解する

以上の3つの対策をまず意識することを勧められています。常識を疑うことが、後悔しない選択をするための出発点となるのです。

『後悔しない超選択術』では、間違った常識への対策をベースにしつつ、「後悔しない選択をする力」を育てる5つのステップを紹介されています。

  1. 選択タイプの把握
  2. 「後悔しない選択」をするための準備
  3. 「後悔しない選択」をするための習慣
  4. 選択力を鈍らせる5つの落とし穴
  5. 「後悔しない選択」のためのトレーニング

次回以降、それらは具体的にどんなステップなのか、お話していきます。

まとめ

  • 幸せな人生を生きるための選択の基準は、正しい選択をしようとするのではなく、後悔しない選択をすることです。現状と未来とを踏まえた冷静な判断のもとで選択すること(合理的な選択をすること)が、後悔しない選択となり得ます
  • 後悔しない選択をするにはまず、選択に関する間違った3つの常識を疑い、それらの対策を講じることです。DaiGoさんは、誤った常識とそれらの対策を以下のようにまとめています
    • 誤解① 正しい選択がある
      対策:正しい選択はなく、後悔しない選択を目指す
    • 誤解② 今ある成功は、自分の過去の選択でできている
      対策:過去のやり方は常に見直す
    • 誤解③ 選択肢は多ければ多いほど可能性も広がる
      対策:多すぎる選択肢は判断を鈍らせることがあると理解する

スポンサーリンク

後悔しない超選択術 スキルアップ術
心理学ワークショップのご案内

東京都内で心理学を学べるワークショップを開催しています。
はじめての方にもわかりやすいワークショップです。
いろいろな職種の方も参加されていて、交流を深めることもできます。

この記事を書いた人
南 雄一郎

スキルアップ!勉強会 主催者。
2014年から都内のカフェでコミュニケーションのスキルを上げるための勉強会を開催していました。
2016年からは、対人関係でのスキルを心理学から学ぶ勉強会をメインに開催しています。
勉強会の開催数は累計200回以上です。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!勉強会 東京