名将・武田信玄が諭した戦いに臨む心構え「縁起をかつぐ心は、戦う前から負けている」

朝活主催の ゆう です。

スキルアップ!朝活では、わかりやすく話を伝えるためのワークを行っています。

また、そのワークでは日常でも役立てる偉人・先人のエピソードを取り上げており、プレゼンスキルも磨けて人生訓も学べる、1回で2度おいしいワークです。

このブログでは、その偉人・先人のエピソードの一部を少しずつご紹介しています。

前回は、城造りの名人・藤堂高虎のエピソードについてお話ししました。

「目上の方への提出する案は、一つではいけない」城造りの名人・藤堂高虎から学ぶ“謙虚な姿勢”
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、わかりやすく話をする練習をするとともに、その練習の題材には偉人・先人のエピソードを取り上げ、そこからも人生訓を学んでいます。 このブログでは、その人生訓の一部を少しずつご紹介して...

今回は、戦国大名の中でも人気が高い武田信玄のエピソードをご紹介します。

スポンサーリンク

名将・武田信玄が諭した戦いに臨む心構え

戦国の名将・武田信玄は、甲斐(山梨県)を本拠とし、信濃(長野県)制圧を目指していたときのことです。

全軍が、まさに出陣しようとしていた、その時でした。

一羽の鳩が飛来し、庭の大樹にとまったのです。

それを見た兵士たちは、皆、「わぁー」と歓声をあげて喜びました。

それを不審に思った信玄は、老臣にこう尋ねました。

「なぜ、兵士たちが、あんなに喜んでいるのか」

「出陣する際に、この木の上に鳩が来たならば、大勝利間違いなしと、昔から伝えられております。大変、縁起のいいことです。

兵も必勝を確信し、沸き立っているのでございます」

と老臣が答え、嬉しそうにしています。

しかし、信玄は表情を変えません。そして黙って鉄砲を手に取り、たちまち鳩を打ち落としてしまったのです。

「殿、何をなされていますか。吉兆が凶兆に変わってしまうではありませんか」

老臣は驚いて信玄に詰め寄りました。

しかし信玄は老臣、兵士たちにこのように語ったのです。

かりに、鳩に吉兆があるとしよう。では、次の合戦の時に、もし、鳩が飛んでこなかったら、おまえたちは、どんな心境になるのだ

鳩が来たら縁起がいいと喜ぶ者は、鳩が来なかったら、今度の戦いは危ういのでは、と不安を抱くに違いない。そうすれば全軍の士気が下がる。

戦わずして、負けたも同然ではないか。

ささいなことを信ずる惑いを解いてやったのだ。

むしろ、普段から戦いに備えて自己を錬磨し、必勝の信念を持つべきである

私達にも、縁起をかつぐ心があると思います。

「困った時の神頼み」ともいわれるように、不安なときや苦しいとき、自信がないときには信憑性に欠けるものであってもすがりたくなります。

しかし武田信玄は、普段から自己鍛錬に励み、必勝の信念を養うべきだと諭したのですね。

直前で惑うことのないよう、何事も万全の準備で臨んでいきたいですね。

武田信玄の他のエピソードはこちら

武田信玄から学ぶ「成長し、信用を得るために最も大切なこと」とは?
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、プレゼンの練習だけではなく、日常に生かせる偉人・先人のエピソードを学ぶことができます。 このブログではその内容を一部をご紹介しています。 前回は、「人生の教科書」ともいわれ...

続きの記事はこちら

迷信に左右されなかった上杉鷹山「厄年 や たたりは、何の根拠もないデタラメ」
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、わかりやすく話を伝えるための練習をしています。 実戦形式なので、自分の今のプレゼンスキルがどれくらいなのかがわかるとともに、ほかの参加者のプレゼンの良いところも学ぶことができます...

スポンサーリンク

勉強会の内容先人・偉人のエピソード
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京