エグゼクティブ・コーチが勧める“自分を変える7つのステップ”-「できる人」の法則から学ぶ、セルフ・コーチング術4

勉強会主催の ゆう です。

コーチングの神様が教える「できる人」の法則』を通して、“自分を変える”セルフ・コーチング術をご紹介していきます。

『できる人の法則』は、エグゼクティブ・コーチングの第一人者 マーシャル・ゴールドスミス氏によって書かれた、目指すべき自分になり、望みを叶えるための方法が学べる本です。

なりたい自分になり、自分の望みを叶えるには、対人関係での自分の悪い癖を知り、それを直すのが近道だといわれています。

新しいポジティブな習慣をつくるよりも、悪い習慣をやめるほうが比較的時間も少なく、十分な効果も得ることができます。

そこで前回は、特にエグゼクティブ(上級管理職)が取ってしまうイヤな悪い癖にはどのようなものがあるのか、ゴールドスミス氏がまとめられている「20の悪い癖」をご紹介しました。

前回の記事はこちら

あなたに当てはまるのは?対人関係の“20の悪い癖”-「できる人」の法則から学ぶ、セルフ・コーチング術3
勉強会主催の ゆう です。 『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』を通して、“自分を変える”セルフ・コーチング術をご紹介していきます。 『できる人の法則』は、エグゼクティブ・コーチングの第一人者 マーシャル・ゴールドスミ...

「20の悪い癖」を見られて、「私はここも当てはまる、あれも当てはまる。どうしよう、何から直していければいいかわからない。もう手遅れてなのではないか」とも思われるかもしれません。

しかしいっぺんには手を出さずに、特に深刻な事態をもたらす1つか2つの問題だけ選びだすことが勧められています。
1つを直すのにも多くの時間を要するゆえ、複数の問題を同時に解決することは非常に難しいからですね。

ただ、1つがよくなれば、ほかのこともつられてよくなることもわかっています。一点集中することで、着実に効果があり、しかもより大きな効果が得られるのですね。

今回は、選びだした悪い癖を、具体的にどのようにして直していけばいいのかについて、「自分を変える7つのステップ」をご紹介していきます。

スポンサーリンク

エグゼクティブ・コーチが勧める“自分を変える7つのステップ”

誤った行動を改め、自分を変えるにはどうすればいいのでしょうか?

ゴールドスミス氏はそのための7つのステップを紹介されています。

  1. フィードバック
  2. 謝罪する
  3. 公表する、宣伝する
  4. 聞くこと
  5. 「ありがとう」と言う
  6. フォローアップ
  7. フィードフォワードを練習する

それぞれどのようなことか、最初に簡単にお話しし、その後、各ステップの詳細をご紹介していきます。

ステップ① フィードバック

フィードバックは「人間関係改善のために何をすればいいかを知る、最善の方法」といわれています。

相手が自分に、本音では何を望んでいるのか、何を嫌がっているのか、直してもらいたいと思っているのかがわからなければ、いくら自分では変わったと思っていても、相手はそのようには思わず、自分の望む結果を得ることはできないのですね。

適切なフィードバックを得て、受け入れることが、自分を変える第一歩となります。

ステップ② 謝罪する

謝罪は、人間関係を回復するために人がとりうる最高の行動」とゴールドスミス氏は言われています。

フィードバックで相手の思いを知った後、次に取るべき行動が、迷惑をかけたこと、不快な思いをさせてしまったことへの謝罪です。
謝罪を通して、自分を変えることへの思いも一段と強くなるでしょう。

ステップ③ 公表する、宣伝する

自分がどの点を変えるつもりなのか、何を変えることをに取り組むのかを広く伝えることです。

周囲に宣伝しなければ「あの人は改善した」と見られることは難しい、と言われています。自分がこれまでと違った行動を取ったとしても、周りの人は「これはたまたまで、やっぱりあの人は悪い癖を持っている」と見なされてしまうからです。

反対に周囲に公表・宣伝することで、ほかの人はあなたの行動に注目するようになり、変化に気づいてもらえるのですね。

ステップ④ 聞くこと

他人から学べるかどうかは、いかに上手に聞くかで8割が決まる、と言われています。

周囲からのフィードバックに対して、私たちはつい「そんなことはない。それは間違っている」と否定的な言葉をいったり、言い訳をしたりしてしまいます。それでは望む変化は得られません。

上手に話を聞くのは受動的なものではなく、「能動的な取り組み」なのです。

ステップ⑤ 「ありがとう」と言う

感謝を述べることは決して難しいことではなく、それによる恩恵は計り知れません。

感謝は相手をいい気分にさせるだけでなく、常に誰かの助けがあったことに気づかせ、謙虚になれる」とゴールドスミス氏は語っています。

相手も喜ばれ、自分も幸せに近づくこの習慣を身につけない手はありませんね。

ステップ⑥ フォローアップ

フォローアップは、良くなっているかどうかを定期的に評価してもらうことです。

フォローアップがなければ人はよくならない」とゴールドスミス氏は強く言われています。

理解と実行の間には大きな壁があり、また実行から習慣までも長い道のりがあります。そのなか、頓挫することなく自分を変えるには、フォローアップがやはり不可欠です。

ステップ⑦ フィードフォワードを練習する

フィードフォワードとは、誰でもいいので、「これから先、役立ちそうなことで実行できそうなことを2つ、提案してもらう」ことです。

フィードバックが「どう行動したか」という過去形に対して、フィードフォワードは未来完了形です。

フィードフォワードはやり方は簡単にもかかわらず、その効果は大きいといわれています。

 

以上が、7つのステップの簡単な紹介でした。今後はそれぞれのステップの詳細を、具体例もまじえてお話ししていきます。

次回は、ステップの1つ目「フィードバック」について、正しく役立つフィードバックを得る方法をご紹介します。

続きの記事はこちら

自分を変えるのに重要な“正しく役立つフィードバック”を得る方法とは?-「できる人」の法則から学ぶ、セルフ・コーチング術5
勉強会主催の ゆう です。 『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』を通して、“自分を変える”セルフ・コーチング術をご紹介していきます。 『できる人の法則』は、エグゼクティブ・コーチングの第一人者 マーシャル・ゴールドスミ...

スポンサーリンク

「できる人」の法則スキルアップ術
この記事を書いた人
南 雄一郎

スキルアップ!勉強会 主催者。
2014年から都内のカフェでコミュニケーションのスキルを上げるための勉強会を開催していました。
2016年からは、対人関係でのスキルを心理学から学ぶ勉強会をメインに開催しています。
勉強会の開催数は累計200回以上です。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!勉強会 東京