「私情に左右されてはいけない」初代大統領ワシントンの英断とは?

朝活主催の ゆう です。

スキルアップ!朝活では、プレゼンのスキルを磨くための実践形式のワークを行っています。

そのワークの題材にしているのが偉人・先人のエピソードであり、プレゼンスキルを上げつつ、日常でも生かせる人生訓を学べるという、2度おいしいのがスキルアップのワークです。

このブログでは、その人生訓の一部をご紹介しています。

前回は清少納言の『枕草子』の「にくきもの」についてご紹介しました。

前回の記事はこちら

清少納言が『枕草子』でピックアップしている“にくきもの”とは?
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、わかりやすく話をするための練習をしています。 さらにワークで取り上げている話は偉人・先人のエピソードであり、それも合わせて学び、日常で生かすこともできます。 このブログでは...

今回は、アメリカ合衆国 初代大統領のワシントンのエピソードをお話しします。

スポンサーリンク

私情に左右されないワシントンの英断

公私の区別をいかにつけるか、というのは、特に組織の中で、立場が上になって裁量が得られるほど、重要な心がけになります。

アメリカ合衆国 初代大統領のワシントンに、公私の区別について、このような話があります。

1783年、アメリカは、イギリスからの独立を勝ち取った。

独立戦争の総司令官であったワシントンが、圧倒的人気を博して、初代大統領に就任。

彼は直ちに閣僚の選出に入った。

新国家の命運がかかっている。自薦、他薦が引きも切らず、ポストをめぐる争いは熾烈である。人材の適正な配置をめぐり、ワシントンは、心を砕いていた。

ある重要な役職に、二人が名乗りをあげた。

一人はワシントンの親友、もう一人は、彼の地位を脅かしかねない政敵であった。

大統領の権限で、ワシントンは、どちらを指名するか。

周囲が注目する中、公表された閣僚リストに、親友の名はなかった。

ある人が、責めるように、ワシントンに言った。

「君は、なぜ、親友を裏切ったんだね」

ワシントンは、うなずいて、語ったという。

「彼は、確かに私の親友であり、今も深い信頼関係にある。

彼の良さは十分承知しているつもりだ。

しかし、行政の実務に関しては、政敵のほうが優れている。

個人的には親友に便宜を図ってやりたいが、一国の責任者としては、私情に左右されてはいけないのだよ

重要な立場に誰を指名するのか。

私情からいえば気心が知れた親友を指名したい気持ちが大きいでしょう。仕事もずっとやりやすくなるはずです。
さらにもし指名しなければ、その親友との関係に亀裂が生じることもあるでしょう。

しかしワシントンは私情に流されず、政敵を真っ当に評価しました。そして国全体の利益を優先すべく、政敵を指名したのですね。

ワシントンを見習い、自分の立場でできることの、何が本当に大切なことなのかを知り、そしてそれを断行する勇気を持っていきたいですね。

続きの記事はこちら

「目上の方への提出する案は、一つではいけない」城造りの名人・藤堂高虎から学ぶ“謙虚な姿勢”
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、わかりやすく話をする練習をするとともに、その練習の題材には偉人・先人のエピソードを取り上げ、そこからも人生訓を学んでいます。 このブログでは、その人生訓の一部を少しずつご紹介して...

スポンサーリンク

勉強会の内容先人・偉人のエピソード
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京