清少納言が『枕草子』でピックアップしている“にくきもの”とは?

朝活主催の ゆう です。

スキルアップ!朝活では、わかりやすく話をするための練習をしています。

さらにワークで取り上げている話は偉人・先人のエピソードであり、それも合わせて学び、日常で生かすこともできます。

このブログではその内容の一部をお話ししています。

前回は故事成語「蛍雪の功」の成り立ちについてご紹介しました。

前回の記事はこちら

“灯がなければ、ホタルの光で本を読む”「蛍雪の功」が生まれたエピソードとは?
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、実戦形式で、わかりやすく話をするためのスキルを磨いています。 またそれと同時に、日常でも使える偉人・先人のエピソードも学んでおり、その一部をこのブログでご紹介していています。 ...

今回は、現代でも愛読されている、『枕草子』の一説をお話ししていきます。

スポンサーリンク

清少納言がスバリと指摘する「にくきもの」はどんな人?

清少納言の『枕草子』に、「にくきもの」と題する章があります。

タイトルからして、ギクッとしますね。

「いやだ」「迷惑だ」と感じることを列挙されていて、千年前の女性・清少納言は、主張がハッキリしていると驚くばかりです。

なかなか面と向かっては聞けないストレートな批判に耳を傾け、今後の参考にさせてもらいたいと思います。

「にくきもの」はこういう人だと、以下のように書かれてあります。

急ぎの用事があってあせっているのに、前触れもなく突然訪問してきて、長々と話すお客

軽く扱っていい人ならば、『また、後にしてください』と言えるけれども、気を張る人の場合は、いらいらしながらも、顔に出すこともできない。

にくらしく、迷惑至極だ。

相手が急いでいるにもかかわらず、時間を奪っていないかと反省させられますね。

特に相手が目下や後輩など「時間がないので、後にしてください」とは言いづらい人の場合は、特に注意をしたいです。

また、このようにも言われています。

人のことをうらやましがり、自分のことは愚痴ばかり言っている

こんな人も実にいやだ

常に不平不満を言っている人がいたら、どう思うでしょうか?

愚痴を言った人はスッキリするかもしれませんが、聞かされた人は気持ちがいいはずはありませんよね。エネルギーや時間をムダに消費してしまいます。

そんな愚痴いっぱいの人とは距離を置くようになるでしょう。
そうなれば、不平不満を言っている人はやがて独りになってしまいますね。

自分のことばかりを話すのではなく、目の前の相手にこそ気を配り、相手の話を聞いたり気遣いの言葉をかけたりしてこそ、良い関係を築くことができますね。

今も昔も、相手のことを思いやる心の大切さは変わらないと感じます。

相手にとって「にくきもの」となっていないかと、自己の言動を振り返っていきたいですね。

続きの記事はこちら

「私情に左右されてはいけない」初代大統領ワシントンの英断とは?
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、プレゼンのスキルを磨くための実践形式のワークを行っています。 そのワークの題材にしているのが偉人・先人のエピソードであり、プレゼンスキルを上げつつ、日常でも生かせる人生訓を学べる...

スポンサーリンク

勉強会の内容先人・偉人のエピソード
この記事を書いた人
南 雄一郎

スキルアップ!勉強会 主催者。
2014年から都内のカフェでコミュニケーションのスキルを上げるための勉強会を開催していました。
2016年からは、対人関係でのスキルを心理学から学ぶ勉強会をメインに開催しています。
勉強会の開催数は累計200回以上です。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!勉強会 東京