“灯がなければ、ホタルの光で本を読む”「蛍雪の功」が生まれたエピソードとは?

朝活主催の ゆう です。

スキルアップ!朝活では、実戦形式で、わかりやすく話をするためのスキルを磨いています。

またそれと同時に、日常でも使える偉人・先人のエピソードも学んでおり、その一部をこのブログでご紹介していています。

前回は、『イソップ寓話』から、大人のための人生訓をお話ししました。

イソップ寓話から学ぶ”大人のための人生訓“「ウマをうらやんだロバ」
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、プレゼンのスキルを磨くとともに、日常でも生かせる偉人・先人のエピソードを学んでいます。 前回は、戦国武将の中でも人気の高い武田信玄のエピソードから、人生の教訓を学びました。 ...

今回は、中国の故事成語から、人生訓を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「螢雪の功」が生まれたエピソードとは?

「螢雪」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか?

私は高校生のときによく読んでいた『螢雪時代』を思い出します。
『蛍雪時代』は、旺文社から出されている大学受験生向けの月刊雑誌ですね。

この「螢雪」という名称は、中国の故事である「螢雪の功」に由来しているそうです。

晋の時代、(しゃいん)という青年がいた。

多くの書物に目を通して、一心に勉学に励んでいたが、家が貧しく、なかなか灯の油を買うことができなかった。

「夜も、本を読む明かりがほしい」

そこで彼は、夏の間、ホタルを集めて薄い絹の袋に入れ、明かりとしたのであった

また、孫康(そんこう)という青年も貧苦の中、学問に励んでいた。

彼も油を買うお金がなかったので、冬の夜は、寒さに耐えながら雪の明かりで書を読み、夜を日に継いで勉学したという

やがて努力が実り、それぞれ官に仕えて、重んじられるようになった。

この二人の逸話からは、
目的を達成するためには、あらゆる苦労を惜しまないぞ!
の、心意気が、ビンビン伝わってきますね。

家が貧しく、明りを灯すことができなければ、学問に励むことをあきらめてしまいかねません。

しかし車胤はホタルの光、そして孫康は寒さに耐えながら雪の明かりで勉学をし、やがてその努力が実って重んじられるようになったのですね。

いろいろな言い訳をして目標達成から逃げてしまいがちなのが私ですが、「螢雪の功」のエピソードを心に置き、困難なことにもぶつかっていきたいと思いました。

続きの記事はこちら

清少納言が『枕草子』でピックアップしている“にくきもの”とは?
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、わかりやすく話をするための練習をしています。 さらにワークで取り上げている話は偉人・先人のエピソードであり、それも合わせて学び、日常で生かすこともできます。 このブログでは...

スポンサーリンク

勉強会の内容先人・偉人のエピソード
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京