メッセージ化11-夢・目標にも入れるべき2つの数字|『超・箇条書き』から学ぶ伝える技術23

朝活主催の ゆう です。

このブログでは、『超・箇条書き』(杉野幹人著)を参考にさせていただき、「箇条書き」のスキルを続けてご紹介しています。

箇条書きは単に使っていては情報の羅列となるだけで、その良さを十分に発揮できません。
箇条書きを最大限、魅力的なツールとするにはそのためのスキルを生かす必要があります。

ではその箇条書きのスキルは何かというと

  1. 構造化
  2. 物語化
  3. メッセージ化

の3つでした。

前回は、3番目のスキルである「メッセージ化(相手の心に響かせ、行動を起こさせること)」に関連し、「ビジョンを掲げるときに欠かしてはならない“2つの数字”」についてご紹介しました。

前回の記事はこちら

メッセージ化10-ビジョンに欠かせない“2つの数字”とは?|『超・箇条書き』から学ぶ伝える技術22
朝活主催の ゆう です。 このブログでは、『超・箇条書き』(杉野幹人著)を参考にさせていただき、「箇条書き」のスキルを続けてご紹介しています。 箇条書きはわかりやすく伝えるための有効なツールですが、単に使っていては情報の羅列にな...

ビジョンを掲げるとき、それは「『企業をどこに向かわせ、いつ、何を達成したいか』というものを未来の姿を描くもの」でなければなりません。
もし、それが「いつ」のもので、「どの程度」のものなのかがあいまいであれば、明確なゴールがイメージできず、社員はどこに向かって、どれほどの歩調で進めばいいのかわからないままです。

ゆえにビジョンには、「状態を示す数字」と「期限を示す数字」を盛り込むことが不可欠なのですね。

この2つの数字を入れることは、企業のビジョンに限らず、個人の「夢」にも非常に有効です。

今回は、夢にも数字を入れることの有用性を見ていきましょう。

スポンサーリンク

夢にも入れるべき「“期限”と“程度”を示す数字」

自分の夢に具体的な数字を入れることで、より自分を鼓舞させることが可能になります。

たとえば、「小説家になりたい」という夢を持ったいたとします。

それが

いつか小説家になりたい

では、あまり刺激を得ることはできませんね。

それを

5年後までに、文芸誌の新人賞を受賞する

と置き換えるとどうでしょうか。

「5年後」という期限を示す数字と、「文芸誌の新人賞受賞」という程度を示す数字を入れたことで、グッとイメージがしやすくなりました。

このような思いを持てば、「5年後の受賞を目指すとなれば、いまからどの文芸誌に応募をするか見ておかないといけない」「その文芸誌の過去の受賞作の傾向はどうか?どれほどのレベルか?」などの具体的な行動に移せるでしょう。

漠然とした思いしかなく、次の行動に踏み出せないままとはまるで違いますね。

あるいは「英語がうまくなりたい」という思いしかなければ、結局は何もしないまま過ごしてしまうでしょう。

しかし

3年後までに、TOEICで950点を取る

と掲げたならば、「とにかく問題集を買う」「実際に高得点をとった人に勉強法を聞いてみる」などの行動を起こすに違いありません。

これも「3年後」という期限を示す数字、「TOEICで950点」という程度を表す数字が入っているからこそ、具体的な行動を起こそうという気持ちになれるのですね。

自分の掲げた目標に、程度と期限を表す数字が入っているかどうか、今一度、ぜひ確認してみることをおすすめします。

ビジョンにも夢にも、そして箇条書きにも数字を入れることでイメージが明確化し、相手にも自分自身にも響き、行動を起こさせることができるのですね。

続きの記事はこちら

メッセージ化12-敵は、“無難”を選ぼうとする自分|『超・箇条書き』から学ぶ伝える技術24
朝活主催の ゆう です。 このブログでは、『超・箇条書き』(杉野幹人著)を参考にさせていただき、「箇条書き」のスキルを続けてご紹介しています。 箇条書きを短く、魅力的なツールにするには、そのためのスキルを知り、駆使することが必要...

スポンサーリンク

超・箇条書きスキルアップ術
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京