8/26(日) ベンジャミン・フランクリンの“ホイッスルの教訓”|朝活レポート198

朝活主催の ゆう です。

今回の朝活には初めてばかりで、3名の方にご参加いただきました^^

少し涼しくなったと思ったら、また暑さがぶり返しましたね… 土日は今年の中で最も暑かったと感じます。
そんな天候の中でも参加された方がおられて、とても嬉しく思いました(^^)

趣味の話で盛り上がりつつ、スキルアップワークで話をする練習もでき、充実した時間を過ごすことができました^^(個人的にはそう思っています)。

スポンサーリンク

朝活ワークの学び「ホイッスルにお金を払いすぎていないか?」

スキルアップのワークでは、ベンジャミン・フランクリンのエピソードについて学びました。

アメリカの政治家であり、発明家として有名なベンジャミン・フランクリンにはさまざまなエピソードが残っていますが、これは幼い7歳のころの出来事だったにもかかわらず、その後の70年にわたり心から消し去ることのできなかった失敗といわれています。

それは彼がホイッスルに夢中になったことで起こりました。

胸をときめかせながらおもちゃ屋へ行き、レジに小銭を積み上げ、値段も聞かないまま店主にホイッスルをください、と伝えました。店主も人が悪く、本当の値段を告げないまま彼にホイッスルを渡したのです。

家に帰ると彼は、ホイッスルが手に入った喜びの大きさから、吹き鳴らしながら家中を駆け回っていました。

ところが彼の兄の指摘で、実際の価格よりもずっとたくさんのお金を払ってきてしまったことが判明し、兄姉から笑いものにされてしまったのです。

後に友人に宛てた手紙でそのときのことを「悔し泣きの涙がこぼれた」と綴っています。

しかしそのときの授業料はフランクリンにとって安いものでした。

彼はそこから得た教訓をこう語っています。

やがて成長し社会に出て人の営みというものを見てみると、多くの人びとが、本当に多くの人びとが、ホイッスルにお金を払いすぎているのだということに気がついた

言い換えるなら人間に降りかかる悲劇の大半は、人が物事の価値を見誤って、自分のホイッスルにお金を払いすぎてしまうから起こるのだ

フランクリンの失敗は、ホイッスルへの物欲が大きくなりすぎて、本当の価値を見誤ってしまったことにあります。

本質的にはこれと同様の失敗をしてしまうことが、私達にはとても多いのですね。

人や物事の価値を見誤り、ホイッスルとは比較にならない膨大なお金や時間を費やしては無駄にしてしまったことが、誰にでもあるのではないでしょうか。

ホイッスルの失敗でそのことに気づき、生涯の戒めとしたフランクリンは偉大であると、改めて感じます。

自分が時間やお金をかけているそのことは、これからかけようとしているものは、本当に価値のあるものかどうか、しっかりと自問をしたり、知恵のある人から意見を聞いたりしていきたいですね

スポンサーリンク

朝活&勉強会レポート
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京