最優先事項を優先する8-最大の結果を生み出す“デリゲーション”|朝活で学ぶ 7つの習慣 その24

朝活主催の ゆう です。

このブログでは、世界的なベストセラー『7つの習慣』の内容を少しずつご紹介しています。

前回は、第3の習慣「最優先事項を優先する」のなかで取り上げられている「『人はモノより大切である』という原則」についてお話ししました。

前回の記事はこちら

最優先事項を優先する7-「人はモノより大切である」という原則|朝活で学ぶ 7つの習慣 その23
朝活主催の ゆう です。 このブログでは、世界的なベストセラー『7つの習慣』の内容を少しずつご紹介しています。 前回は、第3の習慣「最優先事項を優先する」のなかで取り上げられている「第2領域中心の1週間の予定を立てる4つのステッ...

事務作業や資料作成などの活動は効率を考えるべきですが、「人との関係」を効率で考えでは、その人と良好な関係はとても築くことはできないでしょう。

人に対しては「効果」の観点から考えねばならないのですね。効果的な関係を築くべく、効率は二の次にして、多くの時間をかけるなのですね。

今回は、より高い効果を生み出すパーソナル・マネジメントで欠かせない「デリゲーション」についてです。

スポンサーリンク

自分の能力を何倍にも生かせる「デリゲーション」という方法

「デリゲーション」は、「委任」や「権限委譲」と訳されるそうで、簡単にいえば「人に任せる」ということですね。

何を達成するには自分でやるか、人に任せるかの、どちらかにしかありません。

あなたはどちらのほうが多いでしょう?

人に頼みっぱなしも もちろんよくありませんが、かといって全部を自分でやろうとするのも、高い効果を生み出すパーソナル・マネジメントの点からは有効ではないのです。

その理由を『7つの習慣』ではこういわれています。

人に頼むとかえって時間がかかるし労力も使うからと、デリゲーションを嫌がる人は多い。

自分でやったほうがうまくできるからと思うかもしれないが、人に効果的に任せることができれば、自分の能力を何倍にも生かせるのである

実は人に任せるほうが、自分の能力が何倍も生かされ、生産性が高くなるのですね。

それは確かな技術や知識を持っている人に仕事を任せれば、その間に自分は最も重要な活動にエネルギーを注ぐことができるから。

自分ひとりでする人は1スタッフ、
対して効果的に人に仕事を任せられる人はマネージャーであるとも指摘されています。

何でも自分の手で行う人は、どんなにがんばっても、生み出される成果には限界があります。1時間ふつうに働いて得られる結果は1単位とすれば、効率をどれほどあげても2単位、3単位が限界ですね。

しかし多くのスタッフを抱えるマネージャーであれば、うまくデリゲーションすれば、同じ1時間で10単位、50単位、100単位の結果でさえも生み出すことができるのです

デリゲーションには2種類ある?要注意な「使い走りのデリゲーション」

ここまで聞かれて、「自分は積極的に人に仕事を任せているので大丈夫だ。効果的なマネジメントができるいる」と思われたかもしれません。

しかしコヴィー博士は、「デリゲーションには2種類ある」といわれています。

『7つの習慣』にはこう書かれています。

デリゲーションには基本的に二種類ある。

使い走りのデリゲーション全面的なデリゲーションである。

使い走りのデリゲーションは、「これを取ってこい、あれを取ってこい、これをやれ、あれもしろ、終わったら私を呼べ」というやり方だ。

スタッフのほとんどは、使い走りのデリゲーションのパラダイムで仕事をしている。

(『7つの習慣』より引用)

同じデリゲーションといっても、使い走りのデリゲーションは要注意です。

行程の1つ1つを指示し、相手の行動に逐一目を光らせ、自分の指示に合わないことをすれば注意したり、やり直させたりする。これが使い走りのデリゲーションであり、これでは結局自分自身は監視や監督に時間を取られるので、仕事を任せる意味は薄れてしまいますね。

ゆえにコヴィー博士は「使い走りのデリゲーションで出せる結果はたかが知れているのである」といわれているのです。

だから、多くの結果を生み出すには「全面的なデリゲーション」にシフトすべきなのです。

その全面的なデリゲーションがどのようなものかについては、次回、お話ししていきます。

続きの記事はこちら

最優先事項を優先する9-多くの結果をもたらす“全面的なデリゲーション”|朝活で学ぶ 7つの習慣 その25
朝活主催の ゆう です。 このブログでは、世界的なベストセラーである『7つの習慣』の内容を少しずつご紹介しています。 前回は、第3の習慣「最優先事項を優先する」の項目の1つである「デリゲーション」についてお話ししました。 ...

スポンサーリンク

勉強会の内容7つの習慣
この記事を書いた人
南 雄一郎

スキルアップ!勉強会 主催者。
2014年から都内のカフェでコミュニケーションのスキルを上げるための勉強会を開催していました。
2016年からは、対人関係でのスキルを心理学から学ぶ勉強会をメインに開催しています。
勉強会の開催数は累計200回以上です。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!勉強会 東京