メッセージ化6-使い勝手の良い、2つの”ソフトな否定”|『超・箇条書き』から学ぶ伝える技術18

朝活主催の ゆう です。

このブログでは、『超・箇条書き』(杉野幹人著)を参考にさせていただき、「箇条書き」のスキルを続けてご紹介しています。

箇条書きは短く、わかりやすく伝えるのに有効なツールです。
しかし箇条書きを単に使っていては、魅力的に伝えることはできません。魅力的に伝え、相手の心を動かしてこそ伝える価値が出てきます。

箇条書きを使いこなすには、その短く、わかりやすく、そして魅力的に伝えるためのスキルを学び、定着させる必要があるのですね。

それを身につければ、会社のプレゼン、企画書の作成、メールでの報告など、あらゆる点で生かされます。

その箇条書きのスキルには

  1. 構造化
  2. 物語化
  3. メッセージ化

の3つがあり、前回は3番目の「メッセージ化(相手の心に響かせ、行動を起こさせること)」のための2つ目のコツ「『否定』で退路を断つ」についてお話ししました。

前回の記事はこちら

メッセージ化5-印象を強められる!“否定”による立ち位置の明確化|『超・箇条書き』から学ぶ伝える技術17
朝活主催の ゆう です。 このブログでは、『超・箇条書き』(杉野幹人著)を参考にさせていただき、わかりやすく話を伝えるための「箇条書き」のスキルをご紹介しています。 箇条書きは単に使っても情報が整理され、相手にも伝えやすくなりま...

「『否定』で退路を断つ」というのは、「何を否定しているか、何をやらないかをあえて明示してしまう」ことであり、そのように否定を使うことで自分のスタンスが明確になり、相手の心に響くメッセージとなり得ます。

ただ、はっきりした否定の表明は強力であるがゆえに、使用を躊躇してしまう多いでしょう。

そのときに使いたいのが、絶対的な否定ではなく“相対的な否定”です。

今回は、相対的な否定について詳しくお話しします。

スポンサーリンク

ソフトな否定① 比較による否定「AよりもBだ」

相対的な否定、ソフトな否定の1つが、「AよりはBだ」という、比較によって否定のニュアンスを出すことでスタンスを出す言い方です。

AよりもBのほうがよい、といっているので、単にBがよい、という言い方より立ち位置が明確になっています。
しかしそれでいて、Aを否定しているわけでありません。これがまさにソフトな否定ですね。

具体的に、以下の例が紹介されていました。

  • 当面は売上を追求する
  • 当面は利益よりも、売上を追求する

「当面は売上を追求する」だけでは、見る人によっては「企業として売上を追求するのは当たり前じゃないか」と思われるかもしれません。
これだけでは、その文の背景、意図していることが明確ではありませんね。

そこで比較による否定、「当面は利益よりも、売上を追求する」と言い換えたならどうでしょうか?

そのようにすることで、「利益よりも、まず売上を追求するというのは、早めにトップシェアを取って、競合を市場から追い出し、新規参入も阻止するという戦略なのだな」と、なぜ売上を追求するのかという立ち位置が明確になりますね。

相手に意図が伝わり、関心を引きつけることができるでしょう。

ソフトな否定② 出発点の明示「AからBになる」

ソフトな否定にはもう1つあると紹介されています。

それが「AからBになる」という、もともと出発点を入れることで否定のニュアンスが出る言い方です。

こう言うことで、「もうAでない」ということが伝わり、Bであることが強調されることになります。

具体例として、以下の1990年台後半のNTTドコモのスローガンが紹介されていました。

ボリュームからバリューへ

当時はポケベルのほうが携帯電話加入者よりも多い時代だったそうです。
なので携帯電話の販売台数もまだまだ伸びていて、その先5年後の伸びも予想ができたといいます。

しかしドコモはさらにその先の販売数が伸び悩む時代を考え、先手を打って、質や価値(バリュー)を追求する方針を社内外に打ち出したのですね。

このように、出発点を明示することで現在の方針もより明確になったことで、社員にもその方針がしっかりと浸透していき、その後の質の高いサービスの提供と普及につながった、といわれます。

このように、絶対的な否定が使えず、スタンスをとりづらいときに、比較による否定や、出発点を明示することによる比較は使い勝手がよさそうですね。

ぜひこれまで作成した文章の中で言い換えられるところがないか、探してみてください。

続きの記事はこちら

メッセージ化7-“数値”への置き換えによるイメージの鮮明化|『超・箇条書き』から学ぶ伝える技術19
朝活主催の ゆう です。 このブログでは、『超・箇条書き』(杉野幹人著)を参考にさせていただき、「箇条書き」のスキルを続けてご紹介しています。 箇条書きは、短く、かつ魅力的に伝えるために有効なツールです。 しかし単に使っている...

スポンサーリンク

超・箇条書きスキルアップ術
この記事を書いた人
南 雄一郎

スキルアップ!勉強会 主催者。
2014年から都内のカフェでコミュニケーションのスキルを上げるための勉強会を開催していました。
2016年からは、対人関係でのスキルを心理学から学ぶ勉強会をメインに開催しています。
勉強会の開催数は累計200回以上です。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!勉強会 東京