最大の効果を得るための“P/PCバランス”|朝活で学ぶ 7つの習慣 その5

朝活主催の ゆう です。

スキルアップ!朝活のワークの題材にしたこともある『7つの習慣』。

言わずと知れた、世界的なベストセラーですね。

このブロクでは、その内容を少しすつお話ししています。

前回は、正しい習慣を身に付けるうえで知っておくべきパラダイムである「インサイド・アウト」についてご紹介しました。

前回の記事はこちら

問題を根本から解決する“インサイド・アウト”のアプローチ|朝活で学ぶ 7つの習慣 その4
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活でのワークで取り上げたこともある、世界的ベストセラー『7つの習慣』。 このブロクではその内容を少しずつご紹介しています。 前回は『7つの習慣』を身に付けるうえで知っておくべき「パ...

今回は、「インサイド・アウト」と同じように知っておくべき原則である「P/PCバランス」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

イソップ寓話からわかる「P/PCバランス」の重要度

「P/PCバランス」とはどういうものかについて、『7つの習慣』ではイソップ寓話「ガチョウと黄金の卵」を通してわかりやすく教えられています。

「ガチョウと黄金の卵」はこのような話です。

貧しい農夫がある日、飼っていたガチョウの巣の中にキラキラと輝く黄金の卵を見つけた。

最初は誰かのいたずらに違いないと思い、捨てようとしたが、思い直して市場に持っていくことにした。

すると卵は本物の純金だった。農夫はこの幸運が信じられなかった。

翌日も同じことが起き、ますます驚いた。

農夫は、来る日も来る日も目を覚ますと巣に走っていき、黄金の卵を見つけた。彼は大金持ちになった。まるで夢のようだった。

しかしそのうち欲が出て、せっかちになっていった。

一日一個しか手に入らないのがじれったく、ガチョウを殺して腹の中にある卵を全部一度に手に入れようとした。

ところが腹をさいてみると空っぽだった。黄金の卵は一つもなかった。

しかも黄金の卵を生むガチョウを殺してしまったのだから、もう二度と卵は手に入ることはなかった。

(『7つの習慣』より引用)

Pは成果(Production)、PCは成果を生み出す能力(Production Capability)のことです。

イソップ寓話の中で、Pにあたるのが「黄金の卵」、PCにあたるのは「ガチョウ」ですね。

そもそもガチョウがいなければ、黄金の卵を手に入れることはできません。
またガチョウが病気になってしまえば、健康な卵を手に入れることはできませんので、ガチョウをしっかり世話をする必要があります。

しかし農夫が黄金の卵を一度に多くを手に入れようとしてガチョウを殺し、PとPCのバランスを壊してしまったように、私達もまた成果にばかり目がいって、PCを軽視してしまいがちです。

最大の効果を得るには、PとPCのバランスを保つ必要があるのですね

三種類の資産と「P/PCバランス」

資産には基本的に以下の3種類があるといわれています。

  1. 物的資産
  2. 金銭的資産
  3. 人的資産

「P/PCバランス」の原則はこれら3つの資産のいずれにもあてはまります。

①物的資産の場合

身の回りにある機械(掃除機やパソコン、自動車など)のメンテンナンスを定期的にしていれば、高い性能を保ったまま、長持ちさせることができるでしょう。

反対に時間やお金をかけたくないからといって、メンテンナンスをしなければ、機械の性能はどんどん落ちていき、やがては早期の故障につながります。
そうなれば高い修理費がかかって、定期的なメンテンナンスよりも多くの時間とお金がかかってしまうでしょう。

メンテンナンスによる保全(=PC)をしていることで、機械はそのパフォーマンス(=P)を長く発揮できるのですね。

②金銭的資産の場合

Pはお金であり、PCは収入を得る能力です。

PCの向上(ビジスネスキルのアップ)に努めなければ、会社での立場が危うくなって、常に不安がつきまとってしまいます。
自営業であっても、競合にいずれは負けてしまい、金銭的に苦しくなってしまいますね。

③人的資産の場合

最後の人的資産におけるバランスが最も重要視されています。

人的資産におけるPは相手にしてほしいこと、PCは相手への貢献があたるでしょう。

相手にしてほしいことばかりを要求し、相手への親切や気配りをおろそかにしていては、やがては相手は自分に愛想を尽かし、関係は悪化してしまいますね。

他者のニーズにも目をやり、貢献をしてこそ、相手はこちらの思いにも応えてくれるようになるのですね。

 

こうして振り返ると、特に人間関係では、黄金の卵ばかりを求めて、ガチョウの存在を無視していないかが反省させられます。

このイソップ寓話を聞いたときには、ガチョウを殺してしまった農夫はなんて愚かなんだろうとも思いますが、決して笑えるような自分ではないと痛感します。

ガチョウを日に日に弱らせ、ついにはガチョウを餓死させるところまで相手を苦しませていないか、注意してもしすぎることはありませんね。

PとPCのバランスを壊してしまわないよう、親切心を忘れることなく、相手の話を聴き、思いに応える言動を取っていきたいですね。

続きの記事はこちら

主体的である1-“主体的な人”と“反応的な人”の決定的な違い|朝活で学ぶ 7つの習慣 その6
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活のワークではプレゼンの練習をするとともに、ベストセラー書からも学びを得ています。 中でも世界的なベストセラーといわれる『7つの習慣』について、このブロクではその内容を少しずつご紹介して...

スポンサーリンク

勉強会の内容7つの習慣
この記事を書いた人
南 雄一郎

スキルアップ!勉強会 主催者。
2014年から都内のカフェでコミュニケーションのスキルを上げるための勉強会を開催していました。
2016年からは、対人関係でのスキルを心理学から学ぶ勉強会をメインに開催しています。
勉強会の開催数は累計200回以上です。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!勉強会 東京