6/2(土) 結末を予測する-アドラー心理学に学ぶ 人間関係の悩み解消の3ステップ6|心理学勉強会レポート41

ワークショップ主催の ゆう です。

6月を迎え、梅雨入りが近づいたからか、蒸し暑い日が続いていますね(^^;)

その中で開催したワークショップには、初めての方2名を含む、6名の方にご参加いただきました^^

SEや管理栄養士、翻訳をされている方など、いろいろな職種の方が参加されました。

今回も参加者同士で話し合っていただくディスカッションやワークの時間を取り入れたところ、楽しまされていたと感じます。

私自身、自分で考えてアウトプットすることで、理解もグッと深まると実感しています。
今後もこういう時間を積極的に取っていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドラー心理学にみる「人間関係の悩み解消の3ステップ」

今回のワークショップのテーマは、
アドラー心理学に学ぶ「人間関係の悩み解消の3ステップ」
でした。

アドラー心理学といえば、『嫌われる勇気』がベストセラーとなって、一躍注目を集めました。

『嫌われる勇気』が発売されてからはすでに4年以上が経ちますが、いまだにアドラー心理学の関連書籍は出し続けられていて、根強い人気がありますね。

それはアドラー心理学の内容は斬新で、かつ実践してみて効果があるからなのだと思います。

アドラー心理学では、人間の悩みはすべて対人関係の悩みである、と教えられています。

人間には一人で生きることはできません。必ず他者とのつながりの中で生きています(無人島で生活をしたり、宇宙に飛び出したりすれば話は変わりますが)。だから悩みもまた他者に対してつくられたものである、ということなのですね。

対人関係が避けられないなら、その悩みを解消して快適に生きたい、と誰もが思われるでしょう。

その対人関係の悩み解消方法を、アドラー心理学の観点から“3ステップ”でご紹介していきます。

その3ステップとは、

  1. 課題の分離
  2. 結末を予測する
  3. 代替案(オルタナティブ・ウェイ)を実行する

です。

はじめの「課題の分離」とは、問題を「自分の課題」と「相手の課題」とに分けて、「相手の課題」には介入せず、「自分の課題」に集中する、自分にできることは何かを考え実行する、というものでした。

そして前回ご紹介したのが2つ目のステップ「結末を予測する」でした。

前回の記事はこちら

4/5(木) 課題の分離からの“結末の予測”-人間関係の悩み解消の3ステップ5|心理学勉強会レポート34
ワークショップ主催の ゆう です。 今回のワークショップには初めての方3名を含む、7名の方にご参加いただきました(^^) 暖かくなったと思ったら、また少し冷え込んで、体調管理が難しい時期ですね。 体調が悪くなって参加できなくな...

結末の予測とは、「今までやってきたことを続けるとどうなるのかを検討すること」です。

たとえば、親が子供に「勉強しなさい!」というのは、子供の課題への介入です。
それでは子供は勉強への意欲をなくしてしまうでしょう。

では、「親がこの先も子供に『勉強しなさい!』と言い続けていれば、果たして子供は勉強するようになるのだろうか…」

そう親に考えてもらうのが「結末の予測」なのですね。

「結末の予測」をすることで、「このままでは状況は変わらない。いやむしろ、状況はかえって悪くなるばかり」と、今が実に不便な状況にあることに気づいてもらえるのですね。

「今までやってきたことを続けるとどうなるか」が現状を変える

勉強だけでなく、LINEの返信や仕事の依頼なども同じことがいえます。

返信を求めるLINEメッセージを送って、しかも既読になっているのに相手から返事が来なくてイライラ… という経験はされたことがある人が多いと思います。

あまりにイライラして「どうして返信してくれないの?!」と相手を問い詰めたとします。しかしそれでも返信が来なかったのでさらに厳しく問い詰める。こんな循環を続いたらどうなるでしょうか?

相手は嫌気が刺してまったく返信しなくなり、当事者同士では修復不可能な状態に…、という可能性も考えられますね。

しかしここで「自分が相手を問い詰め続けたなら、相手は返信をくれるだろうか?」と結末を予測してみると、どうでしょうか
「相手が悪い。自分の気持ちを全然考えてくれていない」と相手を責めてばかりいたら、相手はココロを開いてくれるでしょうか?

すると、「今のままではいけない。どうすれば良くなるだろうか?」と思えようになると思います。

もちろん、相手は相手で「自分にできることは何か」を考えなければなりませんが、それは相手の課題であり、介入してはならないのですね。

「自分だけ関係改善のための努力をしているのが許せない!」という方もいます。
しかし、関係改善の努力をして得するのは相手ではなく、その人自身です。その人自身が人間的に成長できれば、ほかの人との関係がますます良くなったり、仕事で評価されたりもするでしょう。

それが正しい努力であるなら、その努力は必ず報われるのですね。

これが悩み解消の3ステップの、2ステップ目「結末を予測する」でした。

次回は最後の3ステップ目「代替案を実行する」について詳しくお話ししていきます。

続きの記事はこちら

8/2(木) "代替案”を実行する-アドラー心理学に学ぶ 人間関係の悩み解消の3ステップ7|心理学勉強会レポート48
ワークショップ主催の ゆう です。 今回のワークショップには、初めての方4名を含む、11名の方にご参加いただきました^^ 本当に暑い日が続き、体調をいつ崩してもおかしくなりませんが、そんな中、多くの方が来てくださり、とても嬉しい...

スポンサーリンク

朝活&勉強会レポートアドラー心理学勉強会の内容
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京