7/16(日) 自己受容と、他者への信頼-アドラー心理学にみる 健康なパーソナリティ2|心理学勉強会レポート7

朝活主催の、ゆうです。

3連休の中日に開催したカフェ勉強会でも定員いっぱいとなる5名の方にご参加いただきました☆

交流と学びの場をいただき、とてもありがたく、嬉しいです(^^)

以前に朝活に参加された方で、約半年ぶりにお会いできた方もいました。久しぶりでしたが楽しくお話しでき、充実した時間となりました♪

今回は、アドラー心理学で教えられる「4つのパーソナリティ」についてお話ししました。

レポートでは前回の続きを書いていきます。

前回の記事はこちら

6/28(水) 共同体感覚とは?-アドラー心理学にみる 健康なパーソナリティ1|心理学カフェ勉強会レポート5
朝活主催の、ゆうです。 今月最後となったカフェ勉強会、初めての方お2人を含む、5名の方にご参加いただきました^^ 今回は仏教心理学を学んでいる方も参加され、話が弾みました☆ 実りの多い勉強会となっていること、嬉しく思います(^^...

スポンサーリンク

おさらい アドラー心理学による「4つのパーソナリティ」

前回はパーソナリティ(性格)に、「健康なパーソナリティ」と「未熟なパーソナリティ」があるとお話ししました。

健康なパーソナリティの人は良い対人関係を築き、幸せに生きていけますが、未熟なパーソナリティの人は対人関係で必ずトラブルを起こしたり、悩みを抱えたりして、生きることが苦しくなってきます。

このパーソナリティは「共同体感覚」を「活動的かどうか」を軸にして、さらに詳しく4つに分けることができるともお話ししていました。

それは

  • 共同体感覚が高くて、活動的である人
  • 共同体感覚が高くて、非活動的である人
  • 共同体感覚が低くて、活動的である人
  • 共同体感覚が低くて、非活動的である人

以上の4つです。

そして共同体感覚とは

  • 自己受容
  • 他者信頼
  • 他者貢献

ができている人のことでした。

今回は「自己受容」「他者信頼」について詳しく見ていきましょう。

自己受容

自己受容とは、「自己評価が高い、自分のことが好きである」ということです。

「自分のことが嫌い、自己嫌悪に陥っている人」は健康だとは言えないですね。

他者信頼

他者信頼は、「他人を信頼し、他人と協力できている」ことです。

また、不必要に競争しない態度ですね。

この「信頼」という言葉、アドラー心理学では「信用」とは明確に分けて使われています。

どのような違いがあるかというと、

信用は、条件付きに信じる、ということです。

反対に信頼は、無条件に信じる、ということです。

例えて言えば、銀行でお金を借りるときは「信用」されてはいますが、「信頼」はされていません。

無条件でお金を貸してくれる銀行は皆無ですね。仕事や役職、年収など見られ、「この人には返済できる能力がある」と判断されて初めてお金を借りることができます。

さらには連帯保証人をつけたり、抵当を入れたりする必要もあります。

仮に、誰でも彼でもに「信頼して」お金を貸していたら、銀行はつぶれてしまいますね。

これを対人関係でいえば、他者を無条件に信じている、たとえ裏切られることがあっても(実際にいま、裏切られていたとしても)信じ続けることが信頼です

反対に、「裏切るなんて、そんな人だとは思わなかった」というのは信用こそすれ、信頼していなかったということです。「裏切らない」という条件付きで信じていた、ということですね。

他者を信頼するのに大切なことは?

「そんな無条件で信じることなんて、できません!」という方も多いと思います。

しかし条件付きに信じているということは、裏を返すと、常にその人のことを疑っっている、ということです。信頼の反対は「懐疑」といわれます。

懐疑の状態で、他者と心からの協力関係を築いていくことはできませんね。

協力関係を築くには、裏切られるのは覚悟の上で信頼していく必要があります。

また、信頼は相手を「自分を援助してくれる“仲間”」だとみなすこと、ともいわれます。反対に、信用は相手は「いつか裏切るかもしれない“敵”」と見なしている状態ですね。

他者を敵と見なせば、当然、協力などはできず、始めるのは競争です。競争にしているのは好ましい関係とはいえませんね。

では他者を信頼するにはどうすればいいかというと、それには「自己受容」が大切になってきます。

「自分のことが好きであり、自己評価が高い」人、自分自身を信頼できている人は、他者をも信頼する勇気があります

反対に自己嫌悪している人が他者を信頼することは到底、できませんよね。

ゆえに「すべての始まりは自己受容」とも言われています。

次の他者貢献とはどんなことかは、次回、詳しくお話しします。

カフェ勉強会に参加された方の感想

◯アドラー心理学の理論の話で終わらず、具体的なアクションの方法として仏教の教えもご説明いただけたので、明日から実践してみたいなと思えました。

◯参加者同士でディスカッションできるのがいいですね。本を読んでるより内容がよく分かります。

続きの記事はこちら

11/23(木・祝) 他者貢献感とは?-アドラー心理学にみる 健康なパーソナリティ3|心理学勉強会レポート26
心理学勉強会 主催の ゆう です。 今日の勉強会には初めての方お2人を含む、3名の方にご参加いただきました☆ 今回はアメリカご出身で日本企業にお努めの方にもご参加いただき、異文化交流もとても盛り上がりました^^ アドラー心...

スポンサーリンク

朝活&勉強会レポートアドラー心理学勉強会の内容
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京