4/22(土) 高名な作家の語る「人類最大の悲劇」|朝活レポート175

朝活の主催の ゆうです。

今日の朝活には4名の方にご参加いただきました。

おいしいワッフルを食べならが会話も楽しむことができました☆

休日の朝は遅くまで休んでいたくなります(^^;) が、そこをがんばって起きてみると、充実感にあふれ、とても清々しい気持ちになります^^

ぜひ朝活に参加されて、この気持ちを味わっていただきたいです(^^)

スポンサーリンク

朝活ワークでの学び「人類最大の悲劇とは?」

朝活のワークでは、カナダの高名な作家であるスティーブン・リーコックの言葉を学びました。

ところで「人類最大の悲劇」とは、なんだと思われますか?

北朝鮮からミサイルが放たれること?

個人レベルでいうなら、

財布を落としてしまったとか、

彼氏にフラレてしまったとか、

リストラされてしまったとか…。

それぞれとても大きな悲劇ですが、スティーブン・リーコックは「人類最大の悲劇」を

誰もが生きることを先延ばしにしてしまうことである

と語っています。

「人生とは、なんとおかしな進み方をするものなのだろう?」

スティーブン・リーコックは語る。

「子供たちは『大きくなったら』と言う。

そして大きくなれば『大人になったら』と言う。

それからやがて大人になれば『結婚したら』と言い、結婚したならしたでまた前言をひるがえし『定年を迎えたら』と口にする。

そして、いずれ定年の日を迎えてふと振り返れば、そこには冷たい風が吹いているばかりで、すべてを逃し、失ってしまった後なのだ

そうして手遅れになってしまってから、『人生とは生きることの中に、目の前の一日、一時間の中にあるものなのだ』ということに気づくのだ」

(『道は開ける』より引用)

「今は楽しくない。充実もしていない。つまらない。でもいつかきっと、充実した時間を送れるときがくる。いつかきっと幸せになれる」と思っている人はとても多いと思います。

しかし「今じゃない。いつかきっと、そのうちきっと」を重ねていっても、その「きっと」を迎えることはなく、幸せになれるすべての機会を失ってしまう、とリーコックは忠告しているのですね。

今日一日を、いまからの一時間を素晴らしいものにしようと生きるのが、先延ばしにせずに本当に生きた、ということなのですね。そのように心がけていけば、後悔のない人生を送れるだのと、学びました。

朝活に参加された方の感想

◯異業種の方とお話ができ、コミュニケーション力が向上できました。

 

◯普段プレゼンをする機会がほとんどないので、とてもいい刺激になりました。

スポンサーリンク

勉強会レポート
この記事を書いた人
南 雄一郎

スキルアップ!勉強会 主催者。
2014年から都内のカフェでコミュニケーションのスキルを上げるための勉強会を開催していました。
2016年からは、対人関係でのスキルを心理学から学ぶ勉強会をメインに開催しています。
勉強会の開催数は累計200回以上です。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!勉強会 東京