コンテンツの四本柱への意識|『世界最高のプレゼン術』より、正しいコンテンツの作成法4

朝活主催のゆうです。

朝活ではスキルアップのワークを通して、どうすれば相手にわかりやすく話をすることができるのかを学び、実践しています。

そのプレゼン術は『世界最高のプレゼン術』(ウィリアム・リード著 角川書店)を参考しにしており、朝活で紹介するとともに、この記事でも詳しく書いています。

前回は、プレゼンの肝であるコンテンツの整理法を紹介しました。

前回の記事はこちら

最適のトピック数とは?|『世界最高のプレゼン術』より、正しいコンテンツの作成法3
朝活主催のゆうです。 朝活ではスキルアップのワークを通して、相手にわかりやすく話をする練習をしています。 実践して技術を血肉化するには、まず正しいプレゼン術を学ぶことが必要ですよね。 なので朝活でも『世界最高のプレゼン術』...

今回はコンテンツに不可欠な4つの柱についてです。

スポンサーリンク

コンテンツの四本柱とは

コンテンツが大事であり、整理していくことをお伝えしてきましたが、全体としてどのようにつくっていけばいいのでしょうか?

それについて著者は「コンテンツの四本柱を立てなさい」と言われています。

コンテンツの四本柱とは以下の4つのことです。

  1. あなたが求める結果(目的)
  2. アンカー・ポイント(説得材料)
  3. 聴衆が得られること(メリット)
  4. オープニングとクロージング

①あなたが求める結果(目的)

目的は、あなたがプレゼンをした結果、聞き手がどのように感じて、考えて、行動してほしいか、ということです。

これが曖昧だと、強調すべきこともぼやけてしまい、自分の望みどおりの結果を得ることはできないですね。

②アンカー・ポイント(説得材料)

アンカーとは船の錨のことで、アンカー・ポイントとは、自分の提案を相手に理解してもらうための説得材料のことです。

これが欠けていて主張・提案のみでは説得力がなく、聞き手はあなたのプレゼンを聞き流してしまいます。

③聴衆が得られること(メリット)

3はあなたが聞き手に与えられるメリットです。自分の言いたいことを一方的に主張するではなく、相手の視点にたって与えられるものは何かを考え、提示する必要があります。

これもなければ相手は一つの話と受け止めるだけで、自分の望む行動を起こされることはないでしょう。

④オープニングとクロージング

4はコンテンツの中でも特に練らなければならないところです。

オープニングで失敗すれば、その後のコンテンツが優れていても聞き流されてしまいます。

また締まらないクロージングをしてしまえば、相手へ自分の望む行動を促すことはできなくなります。

以上の4つの柱を強化していくことによって、プレゼンの土台であるコンテンツが優れたものになり、あなたのプレゼンが見違えるほど相手をひきつける素晴らしいプレゼンになるのですね。

では、それぞれの柱を強化していくにはどうすればいいのでしょうか。

次回以降、1つ1つ、ご紹介していきます。

まとめ

  • 魅力的なコンテンツをつくるには、コンテンツの四本柱のそれぞれの特性を理解し、強化していく。

続きの記事はこちら

オープニングの重要度|『世界最高のプレゼン術』より、正しいコンテンツの作成法5
朝活主催の、ゆうです。 スキルアップ!朝活では、わかりやすく相手に話を伝える力を養うべく、スキルアップのワークに取り組んでいます。 私自身も勉強会を開催し、人前でお話しする機会があり、相手の方を飽きさせず、関心をひきつけて話をす...

スポンサーリンク

スキルアップ術プレゼン術
この記事を書いた人
南 雄一郎

スキルアップ!勉強会 主催者。
2014年から都内のカフェでコミュニケーションのスキルを上げるための勉強会を開催していました。
2016年からは、対人関係でのスキルを心理学から学ぶ勉強会をメインに開催しています。
勉強会の開催数は累計200回以上です。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!勉強会 東京