10分で1つのポイントを|『世界最高のプレゼン術』より、コンテンツの正しい作成法2

朝活主催の、ゆうです。

今日も新宿で朝活を開催し、初めて来られた方もおられ、刺激のある朝を過ごすことができました。

先週に続き、ビジュアル重視のスライドの作成法をご紹介したところ好評で、皆さん、早速実践しておられました。

すぐに実践し、身に付けられるのが朝活でワークをする最大の長所ですね。

参加された方の感想をご紹介します。

久しぶりに参加できてとても良かったです。

雰囲気も良く、プレゼンのコツも教えていただき、スキルUPしました。

ありがとうございます!

初めて参加しました。会社以外の方と触れ合ういい刺激になりました。

ワークも内容がおもしろかったです。

朝活に来られる方は前向きな方が多いので、接すると元気になります。

プレゼン術も教えてもらってよかったと思います。

参加された方と楽しくお話でき、しかもプレゼン術を磨く時間ともなり、大変有意義でした。

今後もいろいろなプレゼン術を紹介+実践する場にさせていただきたいと思います(^^)

前置きが長くなってしまいましたが、今回も『世界最高のプレゼン術』(ウィリアム・リード著 角川書店)を通してプレゼン術を紹介します!

前回は、プレゼンで最も重要なのはコンテンツであり、聞き手とのコミュニケーションの時間をしっかりと確保するべく、コンテンツの整理する大切さを紹介しました。

前回の記事はこちら

聞き手とのコミュニケーション|『世界最高のプレゼン術』より、コンテンツの正しい作成法1
朝活主催の、ゆうです。 今週水曜日に開催した朝活ではこのブログで前回紹介した、わかりやすいスライドの作成方法を紹介しました。 前回の記事はこちら “情報量は少なく、ビジュアルを重視する”ことを、具体例をもとにお話し...

今朝の朝活で私もプレゼンに取組んだのですが、制限時間内に自分の言いたいことを伝え切ることに頭がいってしまい、

相手の方とのコミュニケーション(質問をしたり、感想を聞いたりするの)がおろそかになってしまったと反省です。

実行してこそ出てくる生きた反省を次回にぜひ生かしたいと思います。

今回は、コンテンツを整理する上で大事なポイントを紹介します。

スポンサーリンク

プレゼンがグッとわかりやすくなる! 正しいコンテンツの整理法

コンテンツを整理する、といっても、具体的にどのように整理していけばいいのでしょうか。

闇雲やろうとしても、話のキーまで削ってはプレゼンが台無しになってしまいます。

大事なのは、

10分で1つのポイントを伝えるようにする

そうなるようにコンテンツを整理していくことです。

人は短時間であまりに多くのことを話されても、情報処理が追いつかなくなり、結局聞き手は何も得られなくなります。

反対に1つのことに絞ると、情報処理能力は上がるそうです。

1つのポイントを話をするのにかける時間は10分、ということですね。

10分もあると話が持たないじゃないか、と思う人もいるかもしれませんが、

本来は10分ぐらいかけないと、1つのことを聞き手が心に深く受け止めることはできません。

表現を変えてみたり、比喩を用いたり、統計やデータを示すなど、いろいろな角度から話をして、ようやく聞き手に理解してもらえるようになるのですね。

まとめ

  • 人は情報が多すぎると処理し切れない。逆に、1つのことには処理能力があがる。
  • ゆえに、1つのことを10分かけて話をするようにする。
  • 1つのことでも聞き手の理解を得るには、いろいろな角度から話をするのが必要。

続きの記事はこちら

最適のトピック数とは?|『世界最高のプレゼン術』より、正しいコンテンツの作成法3
朝活主催のゆうです。 朝活ではスキルアップのワークを通して、相手にわかりやすく話をする練習をしています。 実践して技術を血肉化するには、まず正しいプレゼン術を学ぶことが必要ですよね。 なので朝活でも『世界最高のプレゼン術』...

スポンサーリンク

スキルアップ術プレゼン術
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京