データはシンプルに、ビジュアルを重視する-『世界最高のプレゼン術』より、スライド作成のルール2

朝活主催の、ゆうです。

朝活ではスキルアップのワークを通してわかりやすく話ができる練習をしています。

より向上できるように、前回から『世界最高のプレゼン術 World Class Speaking』(リード・ウィリアム著 角川書店)を通して、わかりやすく話をするための、

そして人をひきつけられるプレゼンのスキルを紹介しています。

前回はプレゼンテーションに必須のスライドをつくる際の失敗例と改善点についてお話しました。

前回の記事はこちら

まずコンテンツ作りに重きを置くー『世界最高のプレゼン術』より、スライド作成のルール1
朝活主催の、ゆうです。 スキルアップ!朝活では、ワークを通して、わかりやすく相手に伝える練習をしています。 私自身も、最近は人前で話す機会が増えてきて、もっとプレゼンのスキルを上げたいという思いが強くなり、プレゼン技術に関する本...

今回は、より相手の関心をひきつけるスライドの作成法をお伝えします。

スポンサーリンク

データはシンプルに、ビジュアルを重視する

より関心をひきつけるスライドはどのようにつくればいいのでしょうか?

前回の記事でも紹介しましたが、スライドの作成でやってしまいがちな失敗が、“情報を詰め込みすぎる”ということでした。

スライドの情報量が多いと、途端に見づらいスライドになってしまい、聞き手の関心を削いでしまいます。

なので、情報は極力載せないようにし、シンプルにデザインすること、ビジュアルを重視することが大事でしたね。

しかし、どうしてもスライドに統計などのデータを載せないといけない場合もありますよね。

その場合はどうすればいいのでしょうか?

その際は、データを載せる場合もそのまま載せるのではなく、工夫が必要です。

たとえば、

最も注目してもらい箇所の「色を変える」
または「吹き出しをつけてコメント入れる」など。

データを載せる場合でも、話すポイントを絞り、そこを強調することによって見やすく、関心を集めやすいスライドになります。

“情報量を減らして、ビジュアルを重視”を心がけていくことによって、わかりやすいスライドをつくる技術をどんどんついてくるのですね

イラストや写真を適切に加える

また、関心をひくスライド作成のポイントとして、以下のように紹介されていました。

スライドは文字だけでなく、イラストや写真などを添えると、ビジュアル的にわかりやすい、親しみやすいといった印象を与えることができます。

(12 スライドはシンプルで勝負せよ 『世界最高のプレゼン術 World Class Speaking』p,177)

イラストを入れる場合、本ではオリジナルのイラストが勧められていました。

オリジナルのイラストは、自由自在にプレゼンの内容に合ったイラストに仕上げられる上、オリジナルなら著作権や肖像権の有無を心配する必要もありませんね。

注意点として、日本人のプレゼンターの中には、アニメーションやエフェクトをやたら使いたがる人がいるそうです。

自分の技術をぜひ使いたいという気持ちはわかるのですが、あまりに無意味にそれらを連発するとかえってわかりづらいスライドになってしまいます。

スライドはシンプルに、原則に従って作成することを心がけていきたいですね。

続きの記事はこちら

聞き手とのコミュニケーション|『世界最高のプレゼン術』より、コンテンツの正しい作成法1
朝活主催の、ゆうです。 今週水曜日に開催した朝活ではこのブログで前回紹介した、わかりやすいスライドの作成方法を紹介しました。 前回の記事はこちら “情報量は少なく、ビジュアルを重視する”ことを、具体例をもとにお話し...

スポンサーリンク

スキルアップ術プレゼン術
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京