アウトプットの手法1-マーカー読書術|読んだら忘れない読書術5

朝活主催の ゆう です。

月に2,3回開催している朝読書会)では、参加される方に好きな本を1冊持ってきていただき、その内容を5分間でお話していただいています。

なぜアウトプットをメインにしているかというと、アウトプットすることは本の内容を忘れずに定着させるために最も効果的だからです。

そのことをこのブログでは、『読んだら忘れない読書術』(樺沢紫苑著、サンマーク出版)を参考させていただき、続けてお話してきました。

前回は、本を読んでから1週間に3回アウトプットすることが効果的であることをご紹介しました。

前回の記事はこちら

“1週間に3回のアウトプット”で知識の定着を|読んだら忘れない読書術4
朝活主催の ゆう です。 今年から開催している朝読書会では、好きな本を1冊持ってきていただき、その内容を紹介するプレゼンをしていただいています。 プレゼンをすることで本の内容のアウトプットになるのですが、「アウトプット」は「本を...

ただ、1週間に3回のアウトプットといわれると、「そんなに多くできるだろか?」と思われる方もいるでしょう。

朝読書会にご参加いただければ、それに越したことはありませんが、月に2,3回が限度で、1週間に3回もの参加は難しいですよね(開催も難しいです…)。

しかし、そこまで本格的なことをしなくても、工夫次第でアウトプットは手軽にできるのです。

その手法を紹介します。

スポンサーリンク

“4つのアウトプット”で記憶に残す

『読んだら忘れない読書術』では

以下の4通りの手法が書かれてありました。

  1. 本を読みながら、メモをとる、マーカーでラインを引く。
  2. 本の内容を人に話す。本を人に勧める。
  3. 本の感想や気づき、名言をFacebookやTwitterでシェアする。
  4. Facebookやメルマガに書評、レビューを書く。

読書会でのアウトプットも入るでしょう。上記の項目だと②に当たりそうですね。

マーカーでラインを引くなどは本当に実践もしやすそうで、やらない手はありません。

では、これらがどうして効果的なアウトプットとなり、知識として定着させることを助けるのか、を詳しくお話ししていきます。

今回はマーカー読書術について詳しく掘り下げます。

アウトプット術①深く記憶に残すための“マーカー読書術”

たとえば英単語を覚えるときには、読むだけでなく、

  • 特に重要な単語や用法については蛍光ペンでラインを引く
  • 10回、20回と繰り返し紙に書いてみる
  • その単語を発音してみる

などして覚えられていたと思います。

この「読む」行為だけでなく「書く」「声に出す」ことで脳の様々な箇所が使われ、脳が活性化し、それだけ記憶に定着しやすいそうです。

本を読むときでも同じことが言えて、読みながら重要だと思う箇所にマーカーでラインを引いたり、本の余白にメモをすると記憶に非常に残りやすいのですね

『読んだら忘れない読書術』にはこのように書かれています。

「マーカーでラインを引く、そんな簡単なことでアウトプットになるのか」と疑問に思うこと人も多いでしょうが、脳科学的には、ラインを引くことは間違いなく脳が活性化します。

なぜならば、脳の中で「字を読む作業」と「手にペンを持って線を引く作業」は全く別の領域で行われているからです。

「文字を書き込む」のは、また脳の別の部分で行われています。

(中略)

マーカーでラインを引いたり、メモをしたりしながら本を読むだけで、脳は何倍も活性化され、それだけ本の内容が記憶に残りやすくなるのです。

マーカーやボールペンを準備し、読書中にマーキングしたりメモをしたりするのは簡単にやれることで、それで貴重なアウトプットになるなら、やるなと言われてもラインを引いてしまいたくなりますね笑

早速、実行していきたいと思います。

続きの記事はこちら

アウトプットの手法2-人に話し、勧める|読んだら忘れない読書術6
朝活主催の ゆう です。 スキルアップ!朝活では、月に2・3回、朝読書会を開催しています。 読書会で得られる効果は様々あります。 自分が読んでない本の要約を知ることができる これからの本選びの参考になる 読...

スポンサーリンク

読んだら忘れない読書術スキルアップ術
この記事を書いた人
南 雄一郎

朝活 兼 心理学ワークショップ主催者。2014年から都内のカフェでスキルアップのための朝活を開催。
2016年からは元々関心のあった心理学のワークショップを開催。
朝活、ワークショップともに、累計回数は150回以上。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!朝活・勉強会 東京