アウトプット!朝読書会&読んだら忘れない読書術のご紹介

朝活主催の、ゆうです。

スキルアップ!朝活では今年のはじめから、スキルアップワークがメインの朝活の他に、「アウトプット!朝読書会」を開催しています。

朝読書会とは、参加者お一人、お一人に自分の好きな本を1冊持ってきていただき、その内容を5分間でプレゼンしていただく、というものです(プレゼンはせず、リスナーのみとしての参加もOKです)。

リスナーの方にとっては、いろんな本の要点を知ることができ、次に読もうとしている本の参考になりますし、相手のプレゼンから良いと思ったところを今後の自分のプレゼンに生かすことができます。

なので、リスナーとして参加されるのも有意義ですが、一番得をされるのは、やはり本のプレゼンをされる方なのですね。

それは、プレゼンをされることで、本の内容をアウトプットする機会が得られるからです。

人を納得させるほどのアウトプットをしてこそ知識も定着し、日常にも生かしていけるのですね。

スポンサーリンク

本を読んでも内容を忘れてしまっては、意味がない

「本を読んでも、すぐに内容を忘れてしまう(そもそも、読んでも記憶に残っていない)」という方は非常に多いと思います。

私自身もそうですし、私の周りにもそういう方はとても多いと感じます。

本をせっかく読まれていても、内容を忘れてしまえば、時間を費やし本を読んだ意味もなくなってしまいます。

読んだことが知識として定着せず、仕事や日常生活の場でも知識を実行へと移すことができず、自己成長や自己実現もなく、残るのは自己満足感だけ、という状況になってしまうのですね。

“読んだら忘れない読書”のキーは「アウトプット」と「スキマ時間」

それを気付かせてくれた本が、『読んだら忘れない読書術』(樺沢紫苑著、サンマーク出版)です。

読んだら忘れない読書術

この本は、精神科医である著書が、脳科学的に裏付けられた根拠をもとに「読んだら忘れない読書術」を紹介しています。

読んだら忘れにない読書のキーとなるのは、膨大なインプットを可能にする「スキマ時間」と「アウトプット」です。
この2つにより、「読んだら忘れない読書術」が可能になると書かれてあります。

なぜ、「スキマ時間」と「アウトプット」により「読んだら忘れない読書術」が可能になるのか、朝読書会でも紹介している内容をこのブログでもご紹介していきます。

そして、キーワードの1つである「アウトプット」を実現する場がアウトプット!朝読書会ですので、ぜひ読書会へもご参加いただければと思います。

続きの記事はこちら

読書で得られる“膨大な未来の時間”|読んだら忘れない読書術2
朝活主催の ゆう です。 前回から、「読んだら忘れない読書術」についてご紹介しています。 前回は「読んだら忘れない読書術」についてのキーワードをご紹介しました。 前回の記事はこちら そのキーワードとは、膨大な...

スポンサーリンク

スキルアップ術読んだら忘れない読書術
心理学ワークショップのご案内

東京都内で心理学を学べるワークショップを開催しています。
はじめての方にもわかりやすいワークショップです。
いろいろな職種の方も参加されていて、交流を深めることもできます。

この記事を書いた人
南 雄一郎

スキルアップ!勉強会 主催者。
2014年から都内のカフェでコミュニケーションのスキルを上げるための勉強会を開催していました。
2016年からは、対人関係でのスキルを心理学から学ぶ勉強会をメインに開催しています。
勉強会の開催数は累計200回以上です。

南 雄一郎をフォローする
スキルアップ!勉強会 東京