朝活で身に付くスキルアップ術 ~伝えるポイント3~

公開日:

communication3朝活主催の、ゆうです。

前回は、物事の本質を理解する上で、

“謙虚”な姿勢が大切、ということをお話しました。

 

「伝える力」には

『プライドが高い人は成長しない』とも書かれており、

常に戒めていきたいですね(>_<)

 

今回は、プレゼンの構成について、ピックアップしていきたいと思います。

 

②相手を惹きつける ~つかみが大切~

 

プレゼンをするとき、

相手に関心を持ってもらい、相手を惹きつけられなければ、

なかなか相手に話は伝わりませんよね。

 

もちろん、聞き手に回った方は“謙虚”な姿勢で、

話し手の言うことに耳を傾けていかねばなりませんし、

朝活に参加された方はもともと、一つでも多くのことを学び取りたい、

という気持ちで来られている方が多いですので、皆さん、関心を寄せて聞かれます。

 

しかし、営業のお仕事などではそういう方ばかりが相手ではないでしょうし、

たとえ、関心を寄せて聞かれる方にも

より相手を惹きつけるに越したことはありません。

 

では、まず相手を惹きつけるにはどうすればいいのか…

そこで、“つかみ”が大切になるのですね。

 

プレゼン冒頭に、

わざと、常識とは逆のことを言ったり、

意外な話から始めたり、

時系列を逆転させたりして、

「エッ!?」という驚きを引き出したり、

「ナニナニ、次はどうなるの?」という思いを

聞き手に抱かせるのが、“つかみ”なのですね。

 

次回は、“つかみ”の具体例について、お話したいと思います。

PAGE TOP ↑