「失敗? うまくいかない方法を見つけただけだ」 成功・不成功の分かれ目

公開日:

エジソン成功する人、失敗する人…、

その分かれ目は、どこにあるのだろうか。

 

「世界の発明王」トーマス・エジソンは、

俺は運なんぞ信じちゃいない。 幸運も不運もだ

と言い切っている。

 

今から百三十年も前。

家庭の照明器具といえば、まだロウソクかランプであった。

ガス灯も一部で使われていたが、値段が高いうえに爆発する危険性があった。

電気を使って、明るくて、安全で、経済的な照明器具を開発できないだろうか。

 

エジソンだけでなく、世界各地で、三十人を超す研究者が、白熱電球の実用化を競っていた。

 

いちばんの難関は、フィラメントの耐久性であった。

今では何でもないことだが、エジソンが研究に着手したころ、

電球の寿命は数十秒しかなかった。 フィラメントが、熱で溶けてしまうからである。

これでは全く役に立たない。

 

果たして、どの素材で、フィラメントを作ればいいのか。

一つ一つ実験して確かめる以外にない。

 

エジソンは、最初は金属を使ってみたが、うまくいかなかった。

そこで、炭素繊維に切り替えた。

象の皮、鯨のひげ、亀の甲羅、馬の毛、人の髪の毛、トウモロコシ、葦、紙、麻、綿糸……、

あらゆる素材でフィラメントを作り、実験を続けた。

 

「これもダメだった」「あれもダメだった」……、千回、二千回と失敗は重なっていく。

 

ついに、失敗の数が一万回を超えた時、若手の助手が、耐えかねてエジソンに尋ねた。

「これだけ失敗しても、まだ続けるのですか?」

失敗だって? とんでもない。 うまくいかない方法を見つけただけだ

一つ前進したと思えばよい。 途中であきらめることが失敗なんだ」

どこまでも前向きだった。

 

そして一年以上たったある日、ついに、百時間以上を達成し、実用化への活路が開かれた。

 

当たり前のことを、前向きに、誠実にできる人が、成功するのである

PAGE TOP ↑