「自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ」

公開日:

singen「人間として成長し、信用を得るために、

大切な心掛けが、一つある。

身分、立場、年齢に関係なく、大事なことだ。

それは何か、知っているか」

武田信玄が、家臣たちに尋ねた。

 

夕食の後、皆でくつろいで談笑している時だったらしい。

武芸か、学問か、正直か、礼節か……。

ざわざわと声がするが、誰もハッキリと返事ができない。 「一つ」といわれると、

決めかねるのだった。

 

信玄の答えは、

「自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ」

であった。 続けて、

「この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、

身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ」

と戒めている。

 

人間は、自分の心に任せると、「寝たい、食べたい、楽がしたい」という方向へ

流されてしまう。

例えば、

●朝早く起きて勉強しようと思っても、つい寝坊してしまう。

●掃除や整理整頓が大事だと教えられても、なかなか続かない。

●食べ過ぎや、夜食・間食は、体に悪いと思っていていても、やめられない。

●手間のかかる仕事は、つい後回しにしてしまう。

●人目につかいないこと、陰の苦労は手抜きしてしまう……など。

 

この心の流れに逆らい、

「まず、自分のしたいことよりも、嫌なことから先にしよう」

と心掛けていけば、目に見えぬ信用や得となって、やった人の身に備わっていく。

それは、お金では買えない心の財産である。

 

豊臣時代の知将・小早川隆景も常に

「自分の心に合うことは、皆、体の毒になると思え。

 自分の心に逆らうことは、皆、薬になると思え」

と戒めていた。

 

武士道の精神を説いた『葉隠』にも、

「自分の気に入らぬことが、

    自分のためになるものだ」

と記されている。

 

人間形成に大切なことは、やはり共通しているようだ。

PAGE TOP ↑