11/15(水)中目黒 心理学ワークショップ レポート18 「人間関係の悩み解消の3ステップ」④

公開日:

心理学勉強会 主催の ゆう です。

今回の勉強会には初めての方お2人を含む、3名の方にご参加いただきました^^

平日の夜で、仕事も忙しく、参加が難しくなってしまった人もいましたが、来られた方と学びを深めることができました☆

アウトプットの機会をいただけて、ありがたいです(^^)

アドラーに学ぶ「対人関係の悩み解消の3ステップ」

今回のワークショップのテーマは、アドラー心理学に学ぶ「人間関係の悩み解消の3ステップ」でした。

アドラーが「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」で語っているように、対人関係で悩み、苦しまれている方は多いでしょう。

アドラー心理学のパイオニアである野田俊作さんは、その悩みの解決方法を“3ステップ”で教えられています。

その3ステップとは、

  • 課題の分離
  • 結末を予測する
  • 代替案(オルタナティブ・ウェイ)を実行する

の3つでしたね。

これまで、最初のステップである「課題の分離」について話をしてきました。

前回の記事はこちら

課題の分離とは、対人関係の問題に対し、「相手の課題」と「自分の課題」とを切り離すことです。

たとえば、LINEの返信が来なくてイライラしている場合。

この場合の「相手の課題」は、「返信をするかどうか」ですね。

そして「自分の課題」は、「返信が来ないことにどう対処するか」です。

ここで課題の分離について知っておかないといけないのが、相手の課題に介入してはならない、ということです。

相手の課題に介入すれば、相手との関係が必ず悪くなってしまいます。

先の例でいうと、LINEの返信がないことに対して、「どうして返信してくれないの?」と相手を責めたならば、相手は私を嫌って、ますます返信をしなくなるでしょう。

「課題に介入してはならない」が、課題の分離の基本ルールです。

前回の記事はここまでお話ししました。

では、どうすれば相手の課題に介入せずに、相手に望むように動いてもらえるのでしょうか。

「YOUメッセージ」を「Iメッセージ」に

相手に動いてもらうには、相手を変えるには、まず自分が変わるしかありません。

具体的な方法として、相手に指図をするのではなく、自分の気持ちを伝える、という方法があります。

相手に指図するのは「YOUメッセージ」、

反対に自分の気持ちを伝えるのは「Iメッセージ」といわれます。

「YOUメッセージ」を「Iメッセージ」に変えることで、相手の課題に介入することなく、相手の気持ちを自分の望む方向へと変えることができます

たとえば、「LINEの返信をしないなんて、あなたってひどい」。
このように相手を責めているのは「YOUメッセージ」ですね。

これを「Iメッセージ」に変換すると、どうなるでしょうか。

「LINEの返信をしてくれなくて、私は悲しかった」と言い換えられると思います。

責められたら相手は反発するでしょうが、気持ちを伝えられて反発することはないでしょう。むしろ、「そんな悲しい思いにさせて、悪かった」と思ってもらえるかもしれません。

そして「次は、返信してもらえると嬉しい」と言われたら、相手はやる気に成るのではないでしょうか。

もちろん、そう簡単に相手の気持ちは変わらないと思います。それまでに信頼関係が築けていない相手には効果は薄いでしょう。

しかし信頼関係を築き、相手にとってあなたの存在が大きければ、効果は大きくなるに違いありません。

「YOUメッセージ」を「Iメッセージ」に

LINEに限らず、ゴミ出しや買い出し、ちょっとした頼みごとから仕事の依頼まで、いろいろな日常の場面に応用して、ぜひ実行していただきたいと思います。

勉強会に参加された方の感想

勉強会に出てみて、今自分の抱えている問題を言葉として捉えることができました。

PAGE TOP ↑