11/5(日)中目黒 心理学勉強会レポート24 「良好な人間関係を築く“勇気づけの方法”」④

公開日:

心理学勉強会 主催の ゆう です。

今回の心理学勉強会には初めての方5名を含む、6名の方にご参加いただきました☆

今回は初めてお会いする方が多く、いつもより緊張しましたが(^^;)
参加された方は皆さん、優しい方ばかりで、ありがたかったです(>_<)

勉強会後も、考えさせられるご質問をいただいて、それにお答えしたり、参加され方同士の話も盛り上がったりなど、充実した時間となりました。

ご参加いただいた方に感謝です!

勇気を奪ってしまう行為、本当に勇気づける行為とは?

今回の勉強会では、「アドラー心理学に学ぶ 良好な人間関係を築く“勇気づけの方法”」についてお話ししました。

アドラー心理学は「勇気の心理学」ともいわれるように、”勇気”が重要視されています。

勇気は、人間が健康的に、建設的に生きていくのに、絶対必要な要素です。

勇気があれば、建設的な行動に向かうことができます(建設的な行動とは、人の役に立とうと一生懸命勉強や仕事をしたり、積極的にコミュニケーションをしたり、といったことです)。

反対に、勇気を失うと、建設な行動をやらなくなったり、非建設的な行動に向かってしまいます(非建設的な行動とは、勉強や仕事を放棄したり、人との接触を避けたり、といったことです)。

つまり、勇気がなくなると、引きこもりになったり、不良になったり、人間関係でトラブルを引き起こしたりしてしまうのです。

だから、お互いを勇気づけていくこと、勇気を奪わないことが、健康的に生きていくためにとても大切なのですね。

では、相手を勇気づける行為とは、それとは反対に、勇気を奪ってしまう行為とは何でしょうか。

勇気を与えているつまりで、実は勇気を奪っている行為は、「叱る」ことと「ほめる」ことでしたね。

なぜそれらが勇気を奪うことになるかについては、以前の記事をご覧ください。

叱ることの詳細はこちら

ほめることの詳細はこちら

それでは、勇気を与える行為は何かというと、前回の記事で具体例を通してお話ししました。

前回の記事はこちら

それは、美味しい料理をつくって待っていて、パートナーが帰ってきたときに、何と言ってもらえたらあなたは嬉しいか、というものです。

たとえば、

「おお、偉いね」

と言われたら、どうでしょうか?

なんか、違和感がありますね。
人によっては、上から目線に感じるかもしれません。

そうではなく、

おいしいね
ありがとう
うれしいな

と言われると勇気づけられると思います。

感謝の言葉が、相手を勇気づけることになるのです

勇気をくじく「あなたメッセージ」と、勇気づける「私メッセージ」

では、なぜ感謝の言葉が相手を勇気づけることになるのでしょうか?

アドラー心理学の第一人者であり、『勇気づけの方法』の著者である野田俊作さんは、以下のように語っています。

「偉い」は「あなたメッセージ」だから。

「あなたはよい、あるいは悪い」というのを、こちらが判断している。

「うれしい」とか「ありがとう」というのは、こちらがどう感じているかを言っている「私メッセージ」です。

相手をいいか悪いか判断するのは、勇気くじきなんです。

まず、「偉い」は、あなたは偉い、あなたは偉くないとか良くないと、私が相手を判断している言葉です。これは私が上で、相手は下という縦の関係です。

「ほめる」の回でも紹介した通り、縦の関係を築くと、結果的に相手の勇気を奪ってしまうことになります。

このような、「あなたはこう」と、相手を判断する言葉を「あなたメッセージ」といわれます。縦の関係を築く「あなたメッセージ」は、相手の勇気をくじくことになるのですね

反対に、「うれしい」「ありがとう」という感謝の言葉は、「私がどう感じているか」を伝えるもので、「私メッセージ」といわれます。

「私メッセージ」は対等な関係、横の関係から発せられるものだから、勇気づけることができるのです

ゆえに、勇気づけの基本は感謝の言葉です。野田さんは、感謝の言葉をいっていれば間違いはないとも語られています。

この「あなたメッセージ」「私メッセージ」について、次回、さらに具体的に考えていきます。

勉強会に参加された方の感想

和気あいあいで楽しかったです。時間が短く感じました。

 

嫌われる勇気を読みましたが、すっかり忘れていたことを思い出しつつ、分からなかったことが腑に落ちました。

PAGE TOP ↑