11/ 4(土)【スキルアップ朝活 東京】 in 銀座:朝活レポート187

公開日:

朝活主催の ゆう です。

今回の朝活は初めての方2名を含む、4名の方にご参加いただきました☆

3連休の中日、ついつい朝は寝て過ごしてしまいがちですが、その中をご参加いただき、嬉しく思いました^^

初めて参加された方とも趣味の話で盛り上がり、うちとけることができて、よかったです! ワークで学びを深めることもでき、楽しく充実した時間となりました(^^)

朝活ワークの学び「自動車王ヘンリー・フォードの哲学」

今回の朝活のワークでは、ヘンリー・フォードのエピソードから「『得る』ために『与える』」という教訓を学びました。

Henry ford 1919.jpg

(ヘンリー・フォードの肖像画)

ヘンリー・フォードといえば、アメリカの三大自動車メーカーの1つであるフォード・モーターの創業者ですね。世界の自動車王とも呼ばれています。

それほどの人物なので、さまざまな偉大なエピソードが残っています。そのうちの1つが、フォードが行った経営政策です。

他の自動車製造業者が製品の値上げを決定したときに、フォードは逆に値下げをしたのであり、また他の工場が賃金の値下げを決めたときに、フォードは賃金を引き上げた、といわれています。

他の業者が製品の値上げをしたのは、おそらく自動車の材料の原価が高騰し、現状の値段では利益が得られなくなる、という判断からでしょう。

それにもかかわらずフォードが値下げさえしたのは驚かされますね。赤字覚悟で値下げをしたに違いありません。

なぜそんな無謀とも思える経営政策をとったのでしょうか。

フォードはこのように語っています。

私の哲学は、人々に最高の製品を最低の価格で提供するということだ

最高の製品を最低の価格で提供する…。この哲学に従ったがゆえの経営政策だったのですね。

ではその結果どうなったのか。

ご存知のように、フォード・モーターはアメリカ最大の自動車会社となり、フォード自身は世界有数の大富豪になったのです。

「『得る』ために『与える』」のであり、「『与えた』からこそ『得る』」。

これがフォードの哲学であり、私たちにとっても大切な人生の教訓なのですね。

私達はいかに自分が損をしないか、自分がより多く得できるかを優先してしまいがちです。
しかしそうではなく、相手にいかに喜んでもらえるか。そこに焦点を当てることが大切であると、フォードのエピソードから学ばされました。

一見、自分が損をしているように思えることでも、長い目で見れば、それが信用を築くことになり、成功へと導いてくれるのですね。ぜひ心がけていきたいです。

朝活に参加された方の感想

コミュニケーション力を上げる機会が得られたのと、楽しいトークもできて良かったです。

PAGE TOP ↑