大切にしたい「クロージング」 ~朝活で身に付くスキルアップ術 『世界最高のプレゼン術』より~

公開日:

朝活主催の、ゆうです。

スキルアップ!朝活では、ワークを通して、どうすれば相手にわかりやすく話を伝えられるのかの練習をしています。

その際に、わかりやすく伝える技術を知って、実践できるように心がけることは大事ですね。

技術を知り、それがどうしてわかりやすく話を伝える上で有効なのかを理解し、実践して初めて技術が身に付き、生かされます。

朝活でもわかりやすく伝える技術を紹介していますが、この記事ではよく詳細にその技術を紹介しています。

今回も『世界最高のプレゼン術』(ウィリアム・リード著 角川書店)を参考にわかりやすく伝えるテクニックをご紹介します。

前回は意識することで劇的にプレゼンがいいものになる「トランジション」についてお話しました。

「トランジション」の手法は以下の3つでしたね。

1.内容のリマインダーをする
2.次のポイントを示す
3.なぜ大切なのかをまとめる

詳細が気になる方はこちらの記事を参照なさってください
朝活で身に付くスキルアップ術 意識することでプレゼンが劇的によくなる「トランジション」

今回はプレゼンの締めである「クロージング」についてです。

大切にしたい「クロージング」

プレゼンの締めのことを「クロージング」といいます。

コンテンツの4本柱の1本でしたね。
朝活で身に付くスキルアップ術 コンテンツの四本柱とは?

コンテンツを支える重要なクロージングですが、このクロージングが多くのプレゼンターの間でないがしろにされがちだそうなのです。

 

著者は以下のように書かれています。

よく見受けられるのは、コンテンツを盛り込みすぎて、時間が足りなくなり、駆け足でクロージングを迎えるケース。

「最後まで話せなかったので、興味のある方は、あとで質問に来てください」と言って終わるようなひどいケースもあります。

せっかくプレゼンのコンテンツがすぐれていても、クロージングが甘いと、すべてがゼロになってしまいます。

06 大切にしたいクロージング p,98

クロージングの出来次第で、プレゼンの目的である「プレゼンを聞いた相手が、何らかの行動をとることで最終的に悩みや問題を解決したり、何かを得たりする」ことができるかどうかが決まってくるのです。

ただ単に自分の言いたいことを主張するだけで、聞き手の具体的な行動を呼び起こさなければ、最終的にいいプレゼントだったとは言えないのですね。

では、クロージングで具体的にはどのようなことを提示すればいいのでしょうか?

それにはこの2つを入れていなければなりません。

1.How to do(どうやってやるか:解決方法、テクニック
2.What to do(何をするか:行動)

それぞれどのようなことか、著書にはこう説明があります。

たとえば、「たくさんのアイデアを発想できる人になるには?」というテーマでプレゼンをしたとしましょう。

そのとき「頭の中のものをアウトプットする」というのは「解決方法」だとすれば、「毎日10分間、今日の出来事を日記に書く」というのが「行動」です。

もしこの「行動」まで触れなければ、聞き手は何から始めていいかわかりません。

06 大切にしたいクロージング p,101

わかりやすい解決方法を示し、具体的な行動を促すところまでフォローすることによって、初めて聞き手の満足が得られるのですね。

まとめ

  • クロージングが甘いと、コンテンツが優れたものでも、聞き手の具体的な行動につながらない
  • 聞き手に具体的な行動をしてもらい、問題や悩みの解決ができてこそ、プレゼンの目的である
  • クロージングでは、問題解決へのテクニック と 具体的な行動を示す
PAGE TOP ↑