朝活で身に付くスキルアップ術 コンテンツづくりの重要な5つの要素 『世界最高のプレゼン術』より

公開日:

朝活主催の、ゆうです。

スキルアップ!朝活では、スキルアップのワークを行い、どうすれば相手に自分の伝えたいことを淀みなく、関心をひきつけて話ができる力を身に付けています。

朝活のワークの前に『世界最高のプレゼン術』(ウィリアム・リード著 角川書店)を参考にしたプレゼン術を紹介していますが、朝活中では伝えきれないことをこの記事で紹介しています。

前回は、プレゼンのコンテンツの四本柱で最も重要であるオープニングについて話をしました。

プレゼンの四本柱についてはこちら
朝活で身に付くスキルアップ術 コンテンツの四本柱とは? 『世界最高のプレゼン術』より

前回の記事はこちら
朝活で身に付くスキルアップ術 オープニングの重要度 『世界最高のプレゼン術』より

今回は、オープニングの後に話をするコンテンツをつくる上で大事な要素をお伝えします。

コンテンツづくりの重要な5つの要素

オープニングで聞き手に関心をもってもらえなければ、その後に素晴らしい内容のプレゼンができたとしても聴衆には聞き流されてしまう可能性があります。

それは実にもったいなく、オープニングで聴衆を惹きつけることはとても大事ですよね。

聴衆を惹きつけるには、

1.相手の目線の質問を投げかける、
2.そして考えさせる、
3.その上で、相手に希望をもたせる手法を提示する

ことで聞き手に響くオープニングになることをお伝えしました。

このように、オープニングに重きを置くことは大事なのですが、反対に、いくらオープニングに成功して聴衆の関心を集めたとしても、その後に話すコンテンツが支離滅裂だったり、インパクトが弱かったり、説得材料にかけているようでは聞き手をクロージングまで導くことはできません。

では、どうすれば聴衆の心に響くようなコンテンツをつくることができるのでしょうか?

コンテンツには、主に以下の5つの要素に分かれ、それらをコンテンツにしっかりと盛り込み、一つ一つの精度を高めていくことで魅力的なコンテンツが形成されていくのです。

それは、

1.フレーズ(Phrase)
2.アンカー(Anchor)
3.リフレクション(Reflection)
4.テクニック(Technique)
5.セール(Sale)

の5つです。

これらの5つの頭文字をとって、「PARTS」というそうです。

1のフレーズは、プレゼンの中で最も伝えたいことを簡潔にまとめた言葉です。

このフレーズが繰り返し出てくることで聞き手はプレゼンの内容を明確に受け取ることができるのですね。

2のアンカーは説得材料のことですね。聴衆に自分の言いたいことを聞き流れなくするような錨をおろす(説得材料を用意する)ことです。

具体的には「ストーリー」「比喩」「アクティビティー」という手法があります。

これはの手法は後々、ご紹介します。

3のリフレクションは聞き手に考えさせる質問を投げかけることです。

これはオープニングの際にも重要だと書かれていましたが、コンテンツ毎に質問を投げかけていくことで聴衆の関心を惹き続けることが可能になるのですね。

4のテクニックは、解決方法を示すことです。

聞き手側の問題を解決したり、メリットが得られる具体的な手法を提示しなければ、聞き手の満足は得られないのですね。

5のセールは、売り込みのことで、聞き手のプレゼン後の行動に促すことですね。

具体的には聞き手が抱える問題を解決する製品やサービスを提示することです。

これら、5つの要素をオープニングからクロージングに至るまで盛り込むことで魅力的なコンテンツに仕上がり、聞き手の関心を惹きつけるプレゼンへと変貌していくのですね。

PAGE TOP ↑