朝活で身に付くスキルアップ術 オープニングの重要度 『世界最高のプレゼン術』より

公開日:

朝活主催の、ゆうです。

スキルアップ!朝活では、わかりやすく相手に話を伝える力を養うべく、スキルアップのワークに取り組んでいます。

私自身も勉強会を開催し、人前でお話しする機会があり、相手の方を飽きさせず、関心をひきつけて話をするにはどうすればいいかを本を読んで知識を得て、実行しています。

ここでは『世界最高のプレゼン術』(ウィリアム・リード著 角川書店)を参考にし、この本で学んだプレゼン術を紹介しています。

前回は、プレゼンのコンテンツを作成するのに不可欠な、4つの柱についてお話しました。

前回の記事はこちら
朝活で身に付くスキルアップ術 コンテンツの四本柱とは? 『世界最高のプレゼン術』より

その四本柱は、

1.あなたが求める結果(目的)
2.アンカー・ポイント(説得材料)
3.聴衆が得られること(メリット)
4.オープニングとクロージング

でした。

今回は四本柱の一つ、オープニングについてです。

オープンニングは最も重要なコンテンツ

プレゼンの中で最も重要なのはコンテンツですが、そのコンテンツの中で最も重要なのがオープニングといわれています。

それはプレゼンの冒頭で聞き手を惹きつけることに失敗すれば、そのあとのコンテンツがどんなにすぐれていても聞き流されてしまうからです。

では、どうすれば聞き手を惹きつけられるオープニングがつくれるのでしょうか?

ポイントは、「相手の世界に入っていき、自分の世界へ連れていく」ことです。

聞き手の立場を踏まえないと、自分の言いたいことを効果的に伝えることができないのですね。

当たり前の質問を投げかける

相手の世界に入るには具体的にどうすればいいのか?

そのための簡単な方法は「当たり前のことを質問する」ということです。

本に例として書かれているのは、

「あなたは車に乗ったことがありますか?」
「あなたは、和食を食べたことはありますか?」
「あなたは嫉妬の感情を抱いたことはありますか?」

などです。

その答えはもちろん「イエス」なのですが、誰もが「イエス」な当たり前の質問をすることで

まず、相手の世界に入っていけるのですね。

相手の目線に立った質問をする

当たり前のことですが、質問をすることで相手の世界に入れます。

相手の世界に入れば、そこから自分の主張は相手に受け入れやすくなるのですね。

さらにもう一歩、相手の気持ちにフォーカスした質問をつくり投げかけると、共感を生むことができます。

このような、聞き手に回想や熟考を促すことを「リフレクション」といい、「リフレクション」によって聞き手の関心を惹きつけるのですね。

ある国際会議でプレゼンをした獣医師の例が本で紹介されていました。

その獣医師は犬や猫のガンを治療する専門家で、独自に開発したガンの早期発見システムを紹介するのが目的でした。

そこでその獣医師はオープニングでこんな質問を聞き手に投げかけました。

「あなたには大切にしているペットを失うという悲しい経験がありませんか?」

こうな投げかけられると、聞き手は「リフレクション」し、自分が昔世話をしていたペットの思い出し、そのペットが亡くなった喪失感が思い出されます。そうなると、プレゼンターのこれから話そうとすることにがぜん興味が湧くのですね。

聞き手が得られるベネフィットを約束する

そして、オープニングで、このプレゼンによって聞き手は何が得られるのかというベネフィット(利益)を約束することも重要です。

聞き手は、あなたの自慢話を聞きに来ているのではなく、自分にとって有益な情報を得るために、自分の人生を変えるためのヒントを手に入れようと話を聞きに来ていますので、

聞き手の目線に立って、聞き手が得られるものを公開すべきなのですね。

オープニングの原則は「相手に希望を与えること」

「あなたでもできる」ことをオープニングで保証をすることによって、相手の聞く姿勢も変わってくるのですね。

まとめ

  • プレゼンのコンテンツの中で、オープニングが最も重要
  • 当たり前の質問をすることで、相手の世界に入っていける
  • 相手の目線に立ち、共感を得る質問をする
  • 聞き手の得られるベネフィットを約束する、相手に希望を与える
PAGE TOP ↑