なぜ男は話を聞かず、女は地図が読めないのか シリーズ ケンカ編1

公開日:

listen「話を聞かない男、地図が読めない女」は2002年出版された、

男性と女性の違いについて書かれた本です。

 

男性と女性の考え方の違いについて認識しておくだけで、

回避できたり、クリアできる問題はたくさんあるため、

〝なぜ男は話を聞かず、女は地図が読めないのか〟

というテーマで、男女の考え方の違いを紹介します。

 

今回のテーマは「ケンカ」です。

 

恋人同士のケンカ、夫婦ゲンカがありますが、ケンカをしたいと思う人はいないでしょう。

付き合い始めた当時や、結婚した当時は、お互い一緒にいるだけで幸せだったのに、

付き合いが長くとなるとケンカばっかりになってしまう…。

「どうして心が離れてしまうのだろう?」と悩んでいる方もおられると思います。

 

まず、ケンカはどうして起きるのでしょうか?

 

〝自分が正しい〟と思い、〝相手が間違っている〟と思うところからです。

〝自分はこんなにがんばって善いことをしているのに、相手が全然善いことをしてくれない〟

 

ところが、〝私はは正しい。あなたが間違っている〟と思って、相手を指摘して、

「あなたの言うとおりです。私が間違っていました」と謝罪をすると、スッキリします。

 

しかし、相手はそう簡単には、間違いを認めません。

「何を言っているの! 私の方が正しいよ。 間違っているのはあなただ」

 

こうなってしまうと、泥沼化してきます。

 

「まだ間違いを認めないのか。 今回だけじゃない。

前回もそうだったじゃないか」 昔のことを蒸し返して指摘します。

そうなると相手は相手で、昔のことを取り上げる…

 

取り付く島がありませんね。

 

ケンカを起こさないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

PAGE TOP ↑