朝活で身に付くスキルアップ術 ~聞くポイント1~

公開日:

illust03前回までは、

朝活で取り組んでいるワークを通して

聞き手にわかりやすく

話を伝えるポイントをお話していきました。

 

いかに自分が読んだ内容をわかりやすく伝えられるかも大切ですが、

朝活のワークでは、話し手としてプレゼンをしてもらうのと同時に、

聞き手役もしてもらってきます。

 

そのとき、話し手の話し方とともに、

聞き手の姿勢が、円滑なコミュニケーションを図っていく上で

とても大切になるのですね。

 

そこで今回から、

良好な人間関係を築いていくときに大事な

聞くポイントについてお話していきたいと思います。

 

※東山紘久さん著「プロカウンセラーの聞く技術」を

参考にさせていただいています。

 

①聞き上手は話さない

 

まず、聞き手役になるときのポイントとして、

聞き手役は相づち以外はしゃべらず、素直に話し手の話を聞くことが大事です。

 

何か話し手から質問を受けた場合のみ、話をするようにしてください。

 

それは、自分の話を親身に聞いてくれる人ほど、

結局は、話し手も、今度は聞き手の話を聞きたいと思うようになるのであり、

聞き手役が話し手に回るとき、自分の話が相手に伝わりやすくなるのですね。

 

このことについてはもう少し掘り下げて、次回、お話しいたします。

PAGE TOP ↑